fc2ブログ
アイキャッチ画像
フードセラピストの宮澤美智です。

また台風ですね。
今晩上陸の予報なのに、夜になってから出かける用事が・・・。

すっかり秋の気配。
気温も下がってきました。

気温が下がってくると、空気が乾燥してくるし、
夏場の強い紫外線による日焼け、冷房による冷え、
自律神経の乱れ、食欲不振、冷たい物の飲みすぎなど、

夏の間に受けてしまったこれらのダメージが、
お肌やからだに表れてくる時期です。

そんなお肌とからだを
別名「飲む美容液」と言われる、
酵素が生きてる生の甘酒で、
からだの中から、メンテナンスしちゃいましょう。

甘酒教室 秋バージョン
『秋のお肌のための甘酒を作ろう♪』
甘酒スイーツ・レイキヒーリング付き
→詳細・お申込み方法はこちら

*************************************

南房総に行ってきました。

大潮(潮の満ち引きが大きくなる日)だし、台風も来ているし、天気も悪い予報だったので、
波乗りできるはずなのに、
予想を反して、滞在期間3日間のあいだ、ほぼ波なし・・・涙

波乗りできず残念でしたが、
参加者50名越えの大バーベキュー大会に参加させていただき、
美味しい物をたくさん食べてきました♪
1609sazae.jpg

バーベキューといえば、お肉。

今回のバーベキューは、お肉の卸会社が主宰なので、
普段食べることができないレアなお肉や高級お肉のオンパレード!


が、

わたくし、ここのところ、日に日に、
シェパード並みの嗅覚と味覚がますます鋭くなってまして、

臭くて臭くて、からだが受け付けず、
だんだんお肉が食べられなくなってきました・・・。

ひと昔前まで、
自称「焼肉王」で、会社員時代は出張生活なのをいいことに、「全国の人気焼肉屋を制覇してやる!」と鼻息荒く意気込んでいたというのに!
当時のわたしを知る人たちは、わたしのあまりの豹変ぶりにビックリしてます。


健康と美容のため、そして、動物愛護の観点から、
ヴィーガン(完全菜食主義)、ベジタリアン(菜食主義(ベジタリアンにも種類があって、乳製品、卵、魚は食べるスタイルがある))、マクロビアン(玄米菜食主義)という食のスタイルがあります。

過度の肉食は、健康と美容に悪いし、
わざわざ、動物ちゃんたちを劣悪な環境で苦しめて育てて、命を奪って、食べるなんて、本当に申し訳ない・・・と思うので、わたしも賛成!リスペクトしてます。


でも、

これは、あくまでも、私の経験と考え方なので、
反論は、ご容赦いただきたいのですが、

日本人は、元々、雑食民族。
穀物、野菜、肉、魚などを食べて、遺伝子が受け継がれてきました。
基本は、穀物と野菜で、
お祝いごと、お祭りなどの特別な時に、ご馳走の肉、魚をみんなで分け合って食べる(食べ過ぎない)というスタイル。

わたしは、このように、
お肉はたまに食べるくらいがちょうどいいんじゃないかなーと考えてます。

食で体質改善を始めた当初、
「植物性のものだけ食べていれば、健康でキレイになれるだろ!」と安易に考えて、

動物性食品を完全排除して、ヴィーガン(完全菜食主義)の食事法を何度かやりました。

が、結果は、予想と異なり、
からだを壊して、ぶっ倒れました。

食養や健康志向の人たちの間では、
肉、魚などの動物性たんぱく質は、悪者扱いされることが多いけど、少しは必要なのでは??と自分のからだで疑問に思ったわけです。
詳しくは、過去の記事をどうぞ。→「お肉は日本人に必要か?」

今のわたしの食事スタイルは、
基本、穀物も野菜がメインで、魚や卵は週2〜3回程度。
お肉は、家のご飯では、あまり登場しませんが、
お客さんが来る時、外食や今回のようなイベントの時には、普通に食べます。

これは、昔の日本人の食に合わせよう!と努力したり、無理したわけではなく、
自分のからだの声を聞いていたら、自然とこの食スタイルに近づいてきました。


お肉の話になったので、
お肉について、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。

お肉と言えども、お値段同様、質はピンキリ。

昔の人たちが食べていたお肉と、現代人が食べているお肉はまったく別物!ということ。

昔の人たちが食べていたお肉は、
野生の動物か、自然放牧で、その場で自分たちが育てた穀物や野菜を食べて育った健康的な家畜。

現代人が食べているお肉は、
エサは、遺伝子組み換え作物、狂牛病の原因にもなった骨粉はもちろん、ひどいものは、処分されたり、病気になった家畜やペットなどの死骸を使っていることも。
さらに、生産工場のように不衛生で劣悪な環境で育てられる家畜は、当然、生命力がなく、過度のストレスで、病気になるため、ワクチンが打たれ、抗生物質、ビタミン剤など大量の薬やサプリメントがエサに混ぜられ、
早く、大きく、脂を多く、霜降りに成長させるため、ホルモン剤なども使われ、とことん薬漬けにされます。
うぅ・・・、書いてるだけで、気持ち悪・・・。

どっちのお肉が、からだに良いか、悪いか、
一目瞭然ですよね。


今回、ひさびさに、
超高級な松坂牛をいただいたんですが、

ぜんぜん臭くなかったです。

さすが超高級ブランド牛。
大事に育てらたお肉なだけあります。

わたしの場合、
薬漬け&劣悪な環境で育てられた安くて質の悪いお肉は、臭くてまずくて食べられないんですが、
きちんとしたエサを食べて、自然に近い環境で育てられた、お高くて質の良いお肉だと食べられます。
舌にお肉レーダーを持ってます。

ちなみに、以前、食べてはいけない!と悪評名高いブラジル鶏を食べたら、
臭くてまずくて、からだが超拒絶してゲーしました・・・。

草だけをエサにしているグラスフェッドビーフ、放牧牛などの健康的なお肉が、
そこらへんのスーパーで買えるようになってほしいなー。
そのためには、わたしたち消費者が、安さだけを優先し、安全性はそっちのけの危険なお肉を選ばないようにしないとですね。


そして、一番忘れてはいけないと思うのは、

お肉を食べるということは、
動物ちゃんたちから、尊い命をいただくこと。

本当にありがたいです。
命をありがとう。


ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓をしていただけるとうれしいです。


友人・知人限定(facebook友人含む)で、各教室開催中。
 『パン教室』
 『波動が上がるクッキー教室』
 『手づくり味噌教室』

友人・知人限定(facebook友人含む)で、販売中です。
 自家農園 自然栽培の梅を使った完全無添加の自家製梅干し。2年熟成。
 自家農園、自然栽培または極減農薬栽培、木成り完熟のすもものジャム

心とからだを体質改善し、デトックス、毒だし、浄化を続けていたら、スピリチュアルデビューしました。
スピリチュアル系に、ご興味のある方はどうぞ。→『ヘッポコスピリチュアル』
スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック