fc2ブログ
アイキャッチ画像
1709melon.jpg

おそらく、今シーズン食べ収めになるであろう
高級おメロン


〇肌がキレイになった
〇痩せた
〇メンタルが改善した
〇生きるのが楽になった
〇不快な症状や持病が緩和した、治った
〇からだが軽くなった
〇デトックス
〇引き寄せができた
〇波動が上がった

などなど・・・

長年、心とからだに良い食べ物、飲み物を探求してきたわたしが
「一生飲み続ける!」と決め、

わたしの友人知人の心とからだにも革命を起こし続けている

アロエベラジュース。



アロエベラが、

からだに良いのはわかったけど、

どうも、からだが冷えそうで・・・。

と、心配される方が多いです。


アロエベラは、灼熱の砂漠で生きるサボテンの仲間なので、

東洋医学の言論になっている陰陽五行論や、マクロビオティックで言うところの、

からだを冷やす“陰性”だと思われがちです。
(わたしも最初そう思いました)


が!

長年、食べ物と、血液やがんとの関係を研究されている、
森下敬一博士によると、


からだをあたためる

“陽性”!


アロエベラは、
からだの“氣”(生命エネルギー)を高めて、ソマチッドを活性して、

キレイな血液をたくさん作って、血流が良くなるので、
からだを温めます。

過去の記事はこちら→『アロエベラでソマチッド活性』


医者もビックリするほどの重度の冷え性だったわたしはもちろん、
周りのアロエベラジュース愛好家たちも、

「アロエベラジュースで、冷えた。」
というのは聞いたことがありません。


冷えを心配されている方は、
心配ご無用ですし、

冷えにも、アロエベラをお勧めします。


付け加えておきますが、

先日、記事でも書きましたが、
森下博士とわたしが言うアロエベラは、
灼熱の砂漠で育った外国産のアロエベラのこと。

国産のアロエベラでは、”陽性”や他の効果は期待できませんので、ご注意くださいね。

過去の記事はこちら→『アロエベラは、国産ではなく”外国産”を。』


⇒アロエベラジュース詳細
スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック