fc2ブログ
アイキャッチ画像
先日の花粉症発作のような激しい症状は、
やはり、「浄化(デトックス)」だと確信。

1903renkon.jpg

理由
①花粉症にしては、激しい症状
②従来の花粉症や「デトックスビッグウェーブ」と違い、短期集中で、急に2日前から症状が楽になった。
「算命学」で、わたしと姉妹のような宿命で、カルマ解消(因縁消化)に取り組んでいる、セラピストの友人が、同じタイミングでほぼ同じような症状に。


花粉+ナニカ(ケム●レイルで撒かれたもの、PM2.5、黄砂、排気ガス、香り付き柔軟剤などの毒性物質)が起爆剤になって、
激しいアレルギーような「浄化(デトックス)」症状が出た。とにらんでます。



すっかり忘れてたけど、
本格的にデトックスを始めた頃の、
「春のデトックスビッグウェーブ」は、
いつもこんな激しい症状で、3日3晩眠れないとかで、もがき苦しんでたなー。
と、思い出す。


今年は、「春のデトックスビッグウェーブ」は来ない。
と油断してたので、
なおさら、ツラかったー。



花粉症、アレルギー、

「リーキーガット症候群」「SIBO(シーボ)小腸細菌過剰繁殖症」「副腎疲労症候群」、「過敏性腸症候群」など、

あらゆる病、不調の原因は、

腸の炎症。


腸の粘膜や細胞が、傷ついたり、剥がれたりして、炎症を起こしている。



これらは、病名は違うものの、相関関係にあるので、
治療法は同じ。


とにかく、「腸ケア」!



「腸ケア」3原則

炎症を起こして、荒れた腸の粘膜、細胞を修復し、
健康な粘膜と細胞に再生する。


①必要な栄養素(≠カロリー)を十分な量入れる

②プロバイオティクスを入れる

③消化サポート



アレルギー症状緩和、「リーキーガット症候群」「SIBO(シーボ)小腸細菌過剰繁殖症」「副腎疲労症候群」の治療のために、

わたしがやっていること。

「3種の神器」

わたしが「3種の神器」と呼んでいる、
『アロエベラジュース』+『プロポリス』+『ビーポーレン(ミツバチ花粉)』の3点セット。

aloeverajuice.jpg

「3種の神器」の詳細はこちら⇒『体調不良時は「3種の神器」大量投与。』

『アロエベラジュース』は、
腸の炎症を抑え、200種類以上もの多種多様な栄養を含み、腸のエネルギーと栄養になる「短鎖脂肪酸」も作る。



『プロバイオティクス』(腸で有益に働く善玉菌)

花粉症、アレルギー、体調不良時は、
もれなく、腸内環境が悪化していて、いつも以上に、腸内環境を整える必要があるため、
「プロバイオティクス」は、通常の2~3倍。(6~9粒)
お通じもサポート。

1803pro.jpg

「プロバイオティクス」の詳細はこちら⇒『腸が生まれ変わりました』


さらに、『プロバイオティクス』とセットで飲み出した、
栄養療法仲間の間で、高評価の「ミヤリサン」。

ミヤリサンは、腸のエネルギーと栄養になる「短鎖脂肪酸」を増やしてくれる、「酪酸菌」。

腸で、「酪酸菌」から「短鎖脂肪酸」を作るためには、
食物繊維が必要なので、

「ミヤリサン」
+
『アロエベラジュース』
+
「ファイバー(食物繊維)」

と、セットでとるのがポイント。



『ファイバー(食物繊維)』

先に書いた通り、
腸のエネルギーと栄養になる「短鎖脂肪酸」を増やすには、食物繊維が必要。
腸の蠕動運動とお通じをサポート。
1803fiber.jpg

「ファイバー(食物繊維)」の詳細はこちら⇒『食物繊維で腸内環境を整える』



たんぱく質(プロテイン)

健康な腸粘膜、細胞を作るためには、良質なたんぱく質が必要。
たんぱく質といえば、肉、魚、卵などですが、
花粉症、アレルギー、体調不良を抱えている人は、
もれなく、消化力がない、吸収力もない。たんぱく質の消化が、苦手な人が多い。
肉、魚、卵などを一生懸命食べると、かえって消化不良になって、体調を崩すことも。

わたしも、同じく、消化力がない体質なので、
消化しやすく作られている、大豆プロテイン100%、アミノ酸スコア100の
「大豆プロテイン」をとってます。

1801amino.jpg

「大豆プロテイン」の詳細はこちら⇒『みんなに必要、プロテイン』



グルタミン

「リーキーガット症候群」、「SIBO(シーボ)小腸細菌過剰繁殖症」、「副腎疲労症候群」の治療で、必ずと言って良いほど使われる、グルタミン。
グルタミンは、腸のエネルギー源となり、腸の動きを活性、腸の上皮細胞増殖、炎症で傷ついた腸の修復する作用があります。

グルタミンは、色々な商品が出てますが、
わたしは、消化に負担にならず、すぐに、腸に届いて使えそうな気がするので、液体に溶かして飲めるパウダータイプを。
パッケージは、デカイし、ガッツリ外国製風ですが、中身は、安心の日本製です。
guru.jpg

グルタミンの詳細はこちら⇒California Gold Nutrition, L-グルタミン(ピュアパウダー)



ビタミンC

免疫細胞を活性化するためには、十分な量のビタミンCが必要。
特に、体調不良時は、ビタミンCをガンガン消費するため、
常に、からだ(血中)にビタミンCがある状態にするためには、大量にビタミンCをとる必要がある。

詳しくは過去の記事を⇒『現代人は、ビタミンCが足りなすぎ』

栄養療法では、体調不良時は、1日最低でも5,000mg以上必要と言われているので、
わたしは、ここのところ、1日7,000mg以上とってます。
(飲むのが大変ー。)

ビタミンCは、安い、合成ビタミンCではなく、
「天然由来のビタミンC」の方が、血中濃度が持続すると言われているので、
わたしは、ローズヒップを使ったビタミンCを飲んでます↓
vitaminc.jpg

「Now Foods」ビタミンC1000mg 250錠



薬効が高い『梅干し』と『梅酢』

先に書いた通り、花粉症、アレルギー、病や体調不良を抱えている人は、
もれなく、消化が苦手な人が多い。
梅干しと梅酢は、胃酸・消化サポートし、抗酸化作用が強く、炎症を抑えてくれる作用も。

体調不良を治す目的の場合は、
必ず、完全無肥料無農薬、自然塩だけで作られた完全無添加で、3年以上熟成した
本物の梅干しと梅酢をお勧めします。
安い、熟成してない、添加物だらけのスーパーの梅干しじゃ、薬効以前に、からだに毒ですからね。

18062015umeboshi.jpg

『3年熟成 自生(野生)梅の無添加梅干し』


1801umezu.jpg

『魔女の梅酢』



「ボーンブロス」

「リーキーガット症候群」の治療にも使われ、
傷ついて炎症を起こした腸粘膜を癒して、再生すると言われている「ボーンブロス」。
骨をコトコト煮だしたスープのこと。

わたしは、鶏の骨付き肉や手羽を煮て作ってますが、
作るのが面倒な人は、市販品を↓




おまけ:レンコン

レンコンは、鼻や喉の炎症を沈める作用あり。
腸内細菌が喜ぶ、食物繊維も豊富。
レンコンをよく食べる生産者さんは、花粉症やアレルギーの人が少ない。という話も。


先日、あまりに症状がひどくて、藁にもすがる思いで、
ハナミズを垂らしながら、レンコンを探し回って、買ってきました。

冒頭の写真は、「レンコンチップ・青のり味」。
レンコンを油であげて、
ポリ袋に、青のりと塩を入れて、
シャカシャカふったらできあがり。

うまくて、「ビール、ビールぅーーー♪」となったものの、

先日、大好物のビールが、食物アレルギーの疑いがあることが発覚したばかりだし、
(記事はこちら⇒『涙の食物アレルギー検査結果』

その日は、イベントの前日だったこともあり、
泣きながら断念・・・。マジ泣いた。


ぜーったいに、
リーキーガットと食物アレルギー治す!

アレルギー検査にひっかかったものを食べながら、
最短ルートで!

みてろよ、西洋医学!(笑)



ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓していただけるとうれしいです。



*********************************
食と心とからだ、西洋医学、東洋医学、心理学、酵素栄養学、
自然療法、代替療法、エネルギー(波動)療法、前世療法を研究してきたわたしが、
実際に愛用しているアロエベラジュース、栄養補助食品、サプリメントを販売しています。
栄養補助食品、サプリメント紹介ページ

*********************************
心とからだを美しくする食品販売中(※友人・知人(そのご紹介者含む)限定販売)
 『3年熟成 自生(野生)梅の無添加梅干し』
 自家農園、自然栽培または極減農薬栽培のすももを使った 『木成り完熟すももの美ジャム』
 『3年熟成 赤しそと梅酢のふりかけ』
 『魔女の梅酢』
 『赤しそ梅酢茶』

*********************************
友人・知人(そのご紹介者含む)限定で、算命学の鑑定をやってます。
詳細はこちら

*********************************
心とからだをデトックスしまくったら、スピリチュアルデビューしました。
ブログはこちら
スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

  • ユーアイネットショップ店長うちまる
  • URL
NoTitle

れんこんは昔から風邪に良いって言われてたけど
今は抗生物質に・・・

  • 宮澤 美智Author
  • URL
Re: NoTitle

なんでも、薬!ですもんね。


> れんこんは昔から風邪に良いって言われてたけど
> 今は抗生物質に・・・

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック