fc2ブログ
アイキャッチ画像
日頃、わたしが飲んでいる、

栄養とエネルギーを補給して、

からだをあたためる作用が強い「極陽性」ドリンクを紹介します。



2001mag.jpg
↑ここ数年、合羽橋やあちこちで、
大容量(500ml弱入る)のマグカップを探すも、なかなかお気に入りが見つからず、

プロの陶芸家レベルの腕を持つ、
長野の叔父に、サイズ、色をリクエストして作っていただいた、お気に入りマグカップ。



岩塩入り白湯

朝、起きてすぐに飲むのは、
アーユルヴェーダでもおなじみ、「魔法の飲み物」とも言われる白湯。

ただの白湯ではなく、
ミネラルが豊富で還元力の高い岩塩↓を入れた、岩塩入り白湯です。


自然医学の権威 森下敬一博士が、
「食べものの中で、(アロエベラに並び)一番からだをあたためる」とおっしゃっている塩。

塩は塩でも、食塩のように精製されていない、昔ながらの製法で作られた、
海塩、岩塩、湖塩などの「自然塩」のこと。

この岩塩は、温泉卵のような硫黄臭がしますが、
慣れると、これがクセになる。

白湯+岩塩にすると、それほどトイレが気にならず、
水が、きちんとからだに吸収されて使われてる証拠です。




アロエベラジュース

自然医学の権威 森下敬一博士が、
「食べものの中で、塩に並び、一番からだをあたためる」とおっしゃっているアロエベラ。



アロエベラの高いエネルギー(高波動)が、
からだを細胞レベルから活性化することで、血流、エネルギー(氣)の流れがよくなり、あたためます。

寒いこの時期は、アロエベラジュースは、冷蔵庫から出して常温にしてから、
生姜汁+「ビーハニー」(純粋はちみつ)を入れて飲んでます。
aloeverajuice.jpg
こうすると、栄養とエネルギーがパワーアップ、消化しやすくなる、おいしく飲める。


アロエベラジュース愛飲家の中には、
寒い時期は、「冷え」を心配して、ジュースをあたためて飲まれている方もいるようですが、
ジュースは、加熱すると、せっかくの高いエネルギーが飛んでしまうので、わたしはお勧めしていません。
ただ、エネルギーは飛んでしまったとしても、アロエベラの豊富な栄養は、影響されず、そのまま残るので、「栄養補給」という目的であれば、良いかと思いますが。

※ご注意※
からだをあたためる作用が強いのは、気温差の激しい砂漠で育ったアロエベラに限ります。
アロエベラの薬効とエネルギーの恩恵を最大限いただくには、国産ではなく、外国の砂漠で育てられたアロエベラであることが条件です。
また、無農薬栽培で、加工は最小限で自然の形に近いもの。を選んでください。

わたしが飲んでいるアロエベラジュース
「アロエベラジュース」



「梅醤番茶」

マクロビオティックや食養生で人気の「梅醤番茶」。
からだをあたためる作用が最も強い、「極陽性」の飲み物です。

材料は、梅干し、醤油、生姜、番茶。

作り方は、
マグカップに、梅干し1個を入れて、スプーンなどでつぶして、
1603umecha (600x800)
あ、種は、取り出さず、そのまま入れときます。

そこに、生姜おろし汁(親指サイズ)と、醤油を入れて、
熱い番茶を入れればできあがり。

熱いうちに、ふーふー冷ましながら、すすって飲むのがポイント。

言うまでもありませんが、
梅醤番茶も、農薬や添加物だらけの材料を使ったら、効果半減なので、
良質のものを使ってください。

とにかく、梅干しが一番大事なので、
薬効とエネルギーが高い、
無農薬栽培、自然海塩使用、長期熟成(3年以上)、完全無添加のものを。
18062015umeboshi.jpg

わたしが友人知人限定で販売している梅干し
『5年熟成 野生梅の無添加梅干し』


ちなみに、お気に入りの醤油のひとつ、丸中醤油。

他の醤油が食べられなくなる、おいしいお醤油です。



「魔女の梅酢」のお湯割り

梅酢は、梅干しを作る時に、ついでにできる副産物ですが、
最近になって、梅酢ポリフェノールの働きで、
抗酸化、殺菌、抗ウイルス、抗菌作用がとても強く、
なんと、梅干しや梅エキスよりも、
速効性があり、薬効が高いことがわかり、大注目されてます。

朝起きがけや、体調不良時は、
梅干しの果肉が重く感じることがあるので、

わたしは、「梅醤番茶」より、
「魔女の梅酢」のお湯割りを飲む方が多いですね。
1801umezu.jpg

梅干しの果肉をつぶしたりする手間もなく、
すぐにできるのも、ポイント高し。
具合が悪い時は、そんな手間すらもしんどいし、
すぐに楽になりたいからね。

冷えはもちろん、
急な吐き気、痛み、寒気、胃腸トラブル、あらゆる体調不良時、

何度、この梅酢に助けられたかわかりません!


梅酢も、梅干し同様、品質がポイントになるので、薬効とエネルギーが高い、
無農薬栽培、自然海塩使用、長期熟成(3年以上)、完全無添加のものを使ってください。

また、梅酢は、赤紫蘇を使った「赤梅酢」と、赤紫蘇を使われない「白梅酢」がありますが、
抗酸化作用を期待するには、赤紫蘇を使った「赤梅酢」を。
わたしは、断然、「赤梅酢」派です。

わたしが友人知人限定で販売している梅酢
『魔女の梅酢』


梅酢の魔女パワーはこちらの記事をどうぞ
我が家の「万能常備薬」



米麹甘酒・酒かす甘酒

我が家の冷蔵庫には、自家製の、非加熱の生の米麹甘酒が、常にスタンバってます。
1802genmaiamazake.jpg
↑玄米甘酒

麹菌ちゃんを効率的にとりたいので、そのまま飲むことが多いですが、
寒い時期は、50℃くらいにあたためたり、生姜汁を入れて飲むこともあります。
(60℃以上だと、せっかくの生甘酒の麹菌ちゃんが死んでしまうので)

市販の甘酒でお勧めしている、マルクラさんのあま酒(玄米タイプ)↓



酒かす甘酒は、
たんぱく質補給になる、消化のよい、「ジャパニーズプロテインドリンク」。

酒かすをお湯に溶かして、火にかけてアルコールを飛ばしてから、
「ビーハニー」(純粋はちみつ)+生姜おろし汁を入れて、飲みます。



<関連記事>

からだをあたためる方法①

からだをあたためる方法②



ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓してもらえると励みになります。



*********************************
食と心とからだ、西洋医学、東洋医学、心理学、酵素栄養学、
自然療法、代替療法、エネルギー(波動)療法、前世療法を研究してきたわたしが、
実際に愛用しているアロエベラジュース、栄養補助食品、サプリメントを販売しています。
栄養補助食品、サプリメント紹介ページ

*********************************
心とからだを美しくする食品販売中(※友人・知人(そのご紹介者含む)限定販売)
 『5年熟成 野生梅の無添加梅干し』
 『木成り完熟すもものジャム』
 『3年熟成 赤しそと梅酢のふりかけ』
 『魔女の梅酢』
 『赤しそ梅酢茶』

*********************************
算命学鑑定
友人・知人(そのご紹介者含む)限定
詳細はこちら


*********************************

『自然治癒力活性整体』
痛みなし、副作用なし、の自然治癒力を活性するエネルギー整体
詳細はこちら

*********************************
裏ブログ
スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

  • ユーアイネットショップ店長うちまる
  • URL
NoTitle

最近、毎日生姜湯飲んでいます。
ただ、成分表見ると一番はグラニュー糖でした・・・

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック