fc2ブログ
アイキャッチ画像
「食べる輸血」
「奇跡の野菜」 ビーツ。


まさに、「食べる輸血」という体感をした以来、

すっかり、目がハートになり、

なるべく、食べるようにしてます。

「食べる輸血」パワー



「ビーツ」は、またの名を、
「ビート」、「テーブルビート」、「ガーデンビート」。

日本では、「火焔菜(かえんさい)」という名前もあります。



最近は、スーパーでも見かけるようになり、

外国産の水煮の缶詰やパックは、

クイーンズ伊勢丹や成城石井などで、1年中売られてますね。



国産の旬は、

6~7月、11~12月頃。

2102beets.jpeg


わたしは、国産派。
やっぱり、野菜は生に限る。


旬の時期に、まとめ買いして、
生のまま冷凍保存してます。


ビーツは、
そのまま生で食べたり、
生ジュースにする食べ方もありますが、

わたしは、ビーツの栄養を最大限にとりたいのと、
ビーツ独特の土くささ(ホウレン草の根っこに似てる)がちょっと気になるので、

加熱して食べてます。




ビーツを加熱調理する際の大事なポイント。


皮ごと。



ビーツの赤い色素と栄養は、皮に多く含まれるので、

皮をむいて加熱調理すると、
せっかくの赤い色素と栄養が抜けてしまう。



ビーツの料理といえば、
ロシアの「ボルシチ」が有名ですが、

ビーツの栄養を最大限にとれる食べ方だと思います。
さすが、先人の智恵!


わたしも、皮ごとスープにすることが多いです。

スープに流れ出た栄養も、
残さずぜんぶいただけますよ。

1811bi-tu.jpg





ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓してもらえると励みになります。



*********************************
食と心とからだ、西洋医学、東洋医学、心理学、酵素栄養学、
自然療法、代替療法、エネルギー(波動)療法、前世療法を研究してきたわたしが、
実際に愛用しているアロエベラジュース、栄養補助食品、サプリメントを販売しています。
栄養補助食品、サプリメント紹介ページ

*********************************
心とからだを美しくする食品販売中(※友人・知人(そのご紹介者含む)限定販売)
 『5年熟成 野生梅の無添加梅干し』
 『木成り完熟すもものジャム』
 『3年熟成 赤しそと梅酢のふりかけ』
 『魔女の梅酢』
 『赤しそ梅酢茶』

*********************************
算命学鑑定
友人・知人(そのご紹介者含む)限定
詳細はこちら


*********************************

『自然治癒力活性整体』
痛みなし、副作用なし、の自然治癒力を活性するエネルギー整体
詳細はこちら

*********************************
裏ブログ
スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック