fc2ブログ
アイキャッチ画像
連日、むっしむし~~~。



東洋医学では、

梅雨の時期を「湿邪」と言いますが、


「湿邪」の「邪」は、「邪気」の「邪」。

(「邪気」=心とからだを悪化させ、病気や不幸の原因となる、マイナスエネルギーのこと。)



湿度が高いと、

からだの中の水分も増え、溜まり、滞り、

心とからだの不調を招きやすくなる。

2006ajisai.jpeg


梅雨の時期は、

真夏のような暑さかと思えば、

雨で、からだが冷えたり、

むし暑かったり・・・。



気温、気圧、湿度の急激な変化と、

日照不足は、

からだにとてもストレスになり、



自律神経が乱れ、


冷え、炎症、痛みがでやすい。




この時期、

体調不良をはじめ、

昔の古傷、持病やからだのウィークポイントが、

再発したり、悪化しやすいのは、

これが理由。



最近は、「梅雨うつ」、「低気圧病」、「気象病」なんて、呼ばれますが、


要するに、

自律神経が、うまく機能できないのが原因の、

自律神経失調症。




なので、

「自律神経を整えること」をやればいい。




若かりし20代前半、
会社員時代のストレスと過労で、
半年以上、37℃以上の微熱、極度の冷えなど、いろいろな症状が続き、
大学病院で検査を受けたところ、

「自律神経失調症」と診断されたこともあるわたし。


毎年、この時期は、
もれなく、あちこちに不調を抱え、寝込んでいたんですが、

おかげさまで、
長年の、食事療法、栄養療法
アーユルヴェーダの成果で、

今年は、気づかないほどの、
軽い、微熱、喉の腫れ、だるさ、眠気程度で済んでます!
(今日は、新月なので、新月デトックスの可能性もあり。)

わたしのからだ史上の快挙が続いてます!
ふふふー。



わたしが実践している(または、過去に実践していた)、

「梅雨うつ」、「低気圧病」、「気象病」のための
自律神経を整える方法↓

「やってみようかなー」とピンときたら、お試しください。


おなかのカビ対策

「梅雨うつ」、「低気圧病」、「天気病」の人は、
もれなく、からだでカビが悪さをしているので、カビ対策は必須です。

梅雨は「おなかのカビ対策」



腸内環境を整える(腸ケア)

自律神経を整えるためにも、
なにはともあれ、腸内環境を整える「腸ケア」を。

「すべての病と不調に「腸ケア」3原則」



百草丸

「梅雨うつ」、「低気圧病」、「天気病」の人は、
もれなく、栄養不足、
そして、「副腎疲労症候群」が原因になっている場合が多い。

「うつ?ではなく、副腎疲労。」

わたしの場合、副腎疲労症候群
そして、リーキーガット症候群SIBO(シーボ)小腸細菌過剰繁殖症の腸ケア対策、
ストレス、噛みしめ癖、からだの緊張対策に、「百草丸」を使ってました。

「百草丸」は、オウバクなどを含む、漢方の胃腸薬で、
海外では、プロバイオティクス(善玉菌)のサプリメントとして販売されてます。
長年、日本で使われてきた実績もあり、安心。

わたしの場合、
飲むと、副交感神経が優位になり、
首、肩、背中の緊張がゆるみ、血流がよくなり、あたたかくなるのを感じます。
お通じも良好に。

(現在は、お腹が調子悪い時、悪寒がした時のエマージェンシーで飲む程度。
免疫力が下がった時、ストレスが強い時に、お腹がゆるくなりやすい相棒は、「百草丸」ファン。)



ビタミンD

「すべての不調はビタミンD不足が原因」と言い切る専門家もいるほど、
重要なビタミンD。
ビタミンDは、日光に当たることで、からだで合成されますが、消費量と合成量が追い付かず、
現代人は、慢性的なビタミンD不足が指摘されてます。
特に、梅雨や冬など日照不足の時期は、さらに、ビタミンD不足になるので、補給が必須。

ビタミンDを含む食べ物は、
小魚(丸ごと食べられるものがベスト)、キノコ類。ですが、
食べ物からだけでは、補いきれないので、サプリメントも併用するのが大事です。

安いビタミンDのサプリメントは、
原料が羊毛から作られているものがほとんどで、
わたしは、「どーも気持ち悪い・・・。」ので、キノコ類から作られているものを選んでます。
菜食、ベジタリアンの方もOK。
d3.jpg
ネイチャーズプラスビタミンD3



あまいものや、パン、パスタ、粉物などの小麦製品を避ける

これらは自律神経を乱します



ファストフード、ファミレス、コンビニ食、加工食品(カップ麺、レトルト、冷凍食品など)を避ける

これらは自律神経を乱します



あたたかく、消化のよいものを食べる

・白湯、ノンカフェインのお茶やハーブティ
(コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、自律神経を乱します。)
・味噌汁、スープ、鍋などのあたたかい汁物
「キチャリ」(豆ピラフ)、分づき米、胚芽米、雑穀を入れた白米



栄養とエネルギーの高い食べ物を食べる

・アロエベラジュース
「アロエベラは、からだを温める」

・ビーポーレン(ミツバチ花粉)
「永遠の若さを保つ 神のたべもの」

・プロポリス
「ヨーロッパでは医薬品、人気の健康食品」

・梅干し
「5年熟成 野生梅の無添加梅干し」

・梅酢
「魔女の梅酢」

・オメガ3の油
「積極的にとりたい油・オメガ3」

・アルギニン
「筋力アップ、アンチエイジングに「アルギニン」」



ゆっくり、軽く、からだを動かす

ウォーキング、ストレッチ、掃除洗濯などの家事など、
ゆっくり、軽く、がポイント。
激しい運動は、かえって交感神経を乱すので×。
(せっかちのわたしは、つい全力ダッシュしてしまうので、気をつけねば・・・。)


からだをあたためる

・冷たい飲み物や食べ物は避けて、あたたかいもの
・半身浴
・お腹、下半身をあたためる
(アンダーパンツ、腹巻、靴下重ね履き)

<からだをあたためる関連記事>

からだをあたためる方法①

からだをあたためる方法②

「極陽性」ドリンクでからだをあたためる

くず粉(葛粉)でからだをあたためる



ゆっくり呼吸をする

息を吸う時間と吐く時間が、1:2になるように(吐く時間を長く)
からだを動かすのがしんどいなら、呼吸だけでも。
(わたしは、呼吸が、浅く早い癖がついてしまっているので、気をつけねば・・・)



休養

無理をせず、ゆっくり休む
とにかく寝るに限る!



自分を大事に、甘やかす

嫌なことは極力やらない
自分が心地よく感じること、好きなこと、楽しいこと、やりたいことをやる



ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓してもらえると励みになります。



*********************************
食と心とからだ、西洋医学、東洋医学、心理学、酵素栄養学、
自然療法、代替療法、エネルギー(波動)療法、前世療法を研究してきたわたしが、
実際に愛用しているアロエベラジュース、栄養補助食品、サプリメントを販売しています。
栄養補助食品、サプリメント紹介ページ

*********************************
心とからだを美しくする食品販売中(※友人・知人(そのご紹介者含む)限定販売)
 『5年熟成 野生梅の無添加梅干し』
 『木成り完熟すもものジャム』
 『3年熟成 赤しそと梅酢のふりかけ』
 『魔女の梅酢』
 『赤しそ梅酢茶』

*********************************
算命学鑑定
友人・知人(そのご紹介者含む)限定
詳細はこちら


*********************************

『自然治癒力活性整体』
痛みなし、副作用なし、の自然治癒力を活性するエネルギー整体
詳細はこちら

*********************************
裏ブログ
スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック