fc2ブログ
アイキャッチ画像
昨年の自分のブログ記事を見て思い出した。


昨年の今頃、
首から上に汗がかけず、熱を出せないので、

頭に熱がこもってしまい、

頭が熱くて熱くて、
ボーっとするし、フラフラするし、

ほんとうにツラかった・・・。


5月から、もう夏バテで、
「自分は、暑さで死ぬのかも・・・。」と本気で思ったからね。

これは、経験したことがある人しかわかるまい。



そんなわたしですが、

今年の夏は、しっかり汗をかけるようになり、

そりゃー暑いけど、
昨年に比べたら、ほんっと楽チン。


相変わらず、
わたしのからだは、刻々と、進化し続けてます!



連日猛暑が続いているので、

「熱中症対策」、「水分補給」のために、

「スポーツドリンク」や「経口補水液」を
意識して、飲んでいる人も多いかと。



市販のスポーツドリンク・経口補水液は、

水 + 化学物質。


からだへの有害性が確認されている、

合成甘味料、調味料などの食品添加物が入った液体です。


某大手メーカースポーツドリンクの原材料

砂糖(国内製造)、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩/酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)


某大手メーカー経口補水液の原材料

砂糖、ぶどう糖、食塩/クエン酸Na、塩化K、クエン酸、リン酸K、塩化Ca、塩化Mg、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)

※合成甘味料↓
砂糖(人工的に精製された糖)、果糖ぶどう糖液糖、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)

※食品添加物↓
酸味料、香料、調味料(アミノ酸)←うまみ調味料「味の●」など



某有名スポーツドリンク「ポ●リス●ット」の商品説明コピペ↓

発汗により失われた水分、イオン(電解質)をスムーズに補給するための健康飲料です。
体液に近い成分を適切な濃度で含んだ電解質溶液ですので、体内にすばやく吸収されます。
そのため、スポーツや仕事のとき、お酒を飲んだ後や入浴・就寝の前後など、様々なシーンにおいて渇いたからだを潤すのに適しています。


「ポ●リス●ット」は、
元々、医療現場で使われていた点滴を元に、スポーツ飲料として商品開発したもの。



「体内にすばやく吸収される」というのは正しく、

ここをアピールして、

一見、からだに有益のような印象を受けます。



が、、、

合成甘味料などの食品添加物が、からだに入った後の、

からだへの有害性は、完全無視されてます。



おいしく、飲みやすくするために、

もれなく、あまい甘味料が入ってますが、


甘味料として使われている、果糖ぶどう糖液糖や合成甘味料は、

血糖値を急激にバーン!と上げ、
血管や細胞を傷つけ、老化や病気を引き起こす、
「血糖値スパイク」の原因に。



血糖値が急激にバーン!と上がるがために、

飲んだ直後は、

一瞬、「元気になった!」と思うような錯覚を起こすものの、


時間が経つと、

疲労感、だるさ、落ち込みなどを感じたり、


喉の渇きも、癒えるどこか、余計に喉が渇き、

いくら飲んでも満たされず、大量に飲み続ける。という、悪循環に。



スポーツドリンク・経口補水液は、
以下の条件を満たしたものがベストですが、

・食品添加物無添加
・ミネラルが取り除かれた食塩は使わず、ミネラル豊富な自然塩使用
・合成甘味料は使わず、自然甘味料使用(きび糖、甜菜(てんさい)糖、黒砂糖、はちみつなど)

なかなか、そこら辺のコンビニやスーパーには売られていないので、

わたしは、自分で作ってます。


材料は、
・自然塩
・水
・自然甘味料(お好み)だけ。

簡単に作れるし、経済的。



ちなみに、我が家のスポーツドリンク・経口補水液は、

梅酢 + 水

(わたしは、甘味料は、余計に喉が渇くので、使いません。)

1807umezutansan5.jpg
↑こちらは水の代わりに炭酸を使った、
梅酢のしゅわしゅわ炭酸割り。
暑い時に、飲むとからだが喜ぶ!



梅酢に含まれる良質な塩が、
汗で失ってしまいがちな、ミネラルを補給。

また、梅の「天然のクエン酸」+ジャパニーズハーブの赤紫蘇が、

夏バテ、疲労回復、新陳代謝アップ、
夏の強い紫外線や暑さのダメージからからだを守る、抗酸化物質がたっぷり。

もう、一石?鳥なのか、わからない!(笑)



梅酢は、無肥料無農薬の梅、海塩、無農薬の赤紫蘇のみを使い、
3年以上熟成させた、塩の害が出にくく、薬効の高いものをお勧めします。

1801umezu.jpg

わたしが使っている梅酢
『魔女の梅酢』



それから、荷物が重くて、自宅から、飲み物を持って行けない時は、

水素を発生する還元力の高い「岩塩」↓を持っていき、

出先で、ミネラルウォーターを買って、岩塩をペロっとなめてから飲んだり、
ペットボトルに岩塩を入れて、飲むこともあります。



おまけ、スポーツドリンクネタ。


マニアックな歯科医師から聞いた話。


近年、若者を中心に、

「スポーツドリンク虫歯」というのが問題になっているそうです。



名前の通り、

虫歯の原因は、スポーツドリンク。


スポーツドリンクに含まれる、合成甘味料+食品添加物で、

歯のエナメル質が溶けて、歯がもろくなっている状態で、
スポーツで、歯をくいしばるので、

虫歯、歯が溶ける、歯が欠ける、という患者さんが増えているのだとか。


スポーツドリンク、コワイよー。


ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓してもらえると励みになります。


スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック