fc2ブログ
アイキャッチ画像
毎年恒例、

山梨の相棒の実家で、

大餅つき大会。



朝は、-4℃だったけど・・・、

今年は、1日中天気がよく、
(午後、風が強くなったけど)

あたたかくて、ヨカッタ!



ついた餅の量

1臼 2.5升(25合)× 8


4臼・・・白餅
4臼・・・豆餅

+お赤飯(2.5升(25合))


毎年、「餅屋か!」とツッコム量、

マジパナイ。

これでも、年々、量が減っているというからスゴイ。



わたしは、餅米蒸し係。

滅多に腰痛にならないわたしも、
水をたっぷり吸った2.5升の餅米を
上げたり下げたり、
中腰での作業も多く、
さすがに腰が疲れたわ。



白餅は、のして、切り餅と、

手でちぎり、
あんこ、大根おろし、きなこ餅に。

お供え用のお餅も。



豆餅は、
ピーナッツ、黒ゴマ、青のり入り。

↓我が家用の豆(ピーナッツ)餅、1臼分
2112mamemochi.jpeg

すんごい量だけど、
つきたてをすぐに真空パックにして冷凍するので、

1年経っても、つきたてのお餅のまま♪


人におすすめしまくっている
真空パック器↓





年末年始は、

お餅を食べる機会も多いので、


お餅は、トースターで焼く。

という人が多いかと。



我が家も、
以前は、トースターで焼いていたんですが、


お餅は、フライパンで焼く。のがおすすめです。



<お餅をフライパンで焼くメリット>

・おいしい
トースターでお餅を焼くと、焼きすぎる。
ふくらんで破裂すると、お餅の水分が抜けすぎてしまうため、
しっとりもっちり感が半減。
フライパンだと、破裂しにくいので、
外はカリッと、中は水分を保ったまましっとりもっちりおいしく焼ける。


・掃除が楽チン
トースターだと、お餅が破裂したり、柔らかくなった餅が、トースターの網や内部にベットリついたり、
餅粉が落ちたりと、掃除が面倒。
フライパンなら、濡れたふきんで、ササッと拭くだけ。



フライパンは、

フッ素樹脂コーティング(テフロン)加工のされていない鉄のフライパンがおすすめ。

よく使われているフッ素は猛毒なので。



我が家は、お餅を焼く時は、

卵焼き用の鉄フライパンを使ってます。
2112mochi3.jpeg


フライパンでお餅を焼く場合、

トースターで、

お餅が焼ける = 破裂

と判断してきた人は、
(はい、わたしもそうでした。)

フライパンだと、破裂しにくいので、
焼けたかどうか判断しづらいかもですが、


お餅の真ん中辺りを箸や指で押してみて、

やわらかくなっていたら、

焼き上がりのサインです。

(わたしは、指派。ヤケドにご注意を。)


ちなみに、我が家は、このフライパンは、

卵焼きだけではなく、食パンを焼く時にも使ってます。

食パンをおいしく焼く方法


へー、マツコの番組で紹介されて人気が出たらしい。



ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓してもらえると励みになります。



*********************************
食と心とからだ、西洋医学、東洋医学、心理学、酵素栄養学、
自然療法、代替療法、エネルギー(波動)療法、前世療法などを研究してきたわたしが、
愛用しているアロエベラジュース、栄養補助食品、サプリメントをご紹介しています。
栄養補助食品、サプリメント紹介ページ

*********************************
心とからだを美しくする食品販売中(※友人・知人(そのご紹介者含む)限定販売)
 『6年熟成 野生梅の無添加梅干し』
 『木成り完熟すもものジャム』
 『3年熟成 赤しそと梅酢のふりかけ』
 『魔女の梅酢』
 『赤紫蘇梅酢パウダー』

*********************************
算命学鑑定
友人・知人(そのご紹介者含む)限定
詳細はこちら

*********************************
『自然治癒力活性整体』
痛みなし、副作用なし、の自然治癒力を活性するエネルギー整体
詳細はこちら

*********************************
裏ブログ
スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック