fc2ブログ
アイキャッチ画像
1年中売られているネギだけど、

ジューシーで、
サクサクで、
加熱すると、あまくてトロトロになる、

おいしいのは、旬の今だけ。



ネギは、一見、地味で、脇役になりがちだけど、

実は、すごい野菜。

・からだをあたためる
・免疫力アップ
・血液をキレイに、血流をよくする
・消化を助ける
・リラックス など



そーいや、すっかり忘れてたけど、

ある神様から、
からだのエネルギーを回すので、ネギを食べるように。
と、アドバイスいただいたこともある。



ネギの薬効成分は、
臭いと辛味に含まれる、硫化アリル(アリシン)。

効率よくとるには、

加熱するより、生。



我が家の冷蔵庫にストックしてある、

ネギ油。
2402negiabura.jpg

ネギを刻んで油に漬けただけなのに、

うまい!かなり使える!万能調味料。


今の寒い時期よく食べる、
鶏鍋、海鮮鍋、湯豆腐、おでんなどの鍋の薬味に。

ブロッコリー、ほうれん草などのゆで野菜、おひたしなどの野菜、
唐揚げ、餃子、焼売、焼いた肉、魚に。

卵焼き、納豆、卵かけごはん、うどん、雑炊に。

炒めものや、チャーハンの油に。

塩、醤油、ポン酢、マヨネーズ、ラー油などで、
味変は無限大。


野菜、肉、魚、卵、納豆、豆腐、

和、洋、中、

なんにでもあう!



多めに作っても、1食ですぐになくなる。

大きいネギ丸ごと1本、よゆーでペロリ。

お客さんにも人気。



【レシピ】 万能ネギ油


<材料>

ネギ・・・好きなだけ
太白ごま油・・・ネギがひたひたになる量



<つくり方>

①ネギをみじん切りにする
②容器にネギを入れて、ネギがひたひたに浸かる量の太白ごま油を入れて混ぜる
③一晩冷蔵庫に置く



<ポイント>

一晩以上置く
数時間したら食べられるが、一晩以上しっかり置いた方が、ネギと油がなじんでおいしい。

油はお好みで
ネギの味と香りを生かしたい、メニューを選ばず万能に使いたいので、わたしは、香りとクセがない太白ごま油を使用。
サラダ油、黒ごま油、オリーブオイル、えごま油など、お好みの油で代用してもOK。
ちなみに、わたしは、黒ごま油、オリーブオイルなどクセのある油を使いたい時は、クセのある油をあとがけしている。
わたしが使っている太白ごま油↓





追記
生のネギは、辛味があり、刺激が強いので、
胃腸の弱い人、消化力のない人は、たくさん食べないように。
胃腸が弱っている時は、食べない。または、量を少なめに。
あたたかい味噌汁やスープにトッピングして、半生にする。
量を少なめにする。など工夫を。


*********************************

わたしが、実際に愛用している、使ってよかった商品リスト。
⇒栄養補助食品・サプリメント
⇒調味料


心とからだを美しくする食品
※面識のある方、またはそのご紹介者様限定販売
⇒詳しくはこちら


算命学鑑定
※面識のある方、またはそのご紹介者様限定
⇒詳しくはこちら


自然治癒力活性整体
痛みなし、副作用なし、の自然治癒力を活性するエネルギー整体
⇒詳しくはこちら


スピブログ






スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。