fc2ブログ
アイキャッチ画像
「冷えとり」では、

春は、肝臓の毒だしの季節。


肝臓は、解毒、デトックス臓器、であり、

この時期の花粉症やアレルギーなどの不調は、

毒だし症状。




東洋医学、漢方、薬膳の原論になっている、陰陽五行説では、

春の青々とした野菜や山菜は、

「肝臓の薬」になるとされている。

2002fukinoto1.jpg

菜花、春キャベツ、新タマネギ、ふきのとう、タラの芽、ツクシ、タケノコ、ヨモギ、三つ葉など。


これらの、青み、苦味、えぐみは、

病気や老化の原因となる活性酸素を消す、

抗酸化物質(ポリフェノールなど)が豊富。



新芽は、

成長するために必要な、

栄養とエネルギーが、ギューッと凝縮して蓄えられているところ。



冬の間に新陳代謝が落ちたからだを目覚めさせ、

血液を浄化して、

細胞レベルから活性化してくれる。


まさに、今の時期のからだに、必要な栄養素。



わたしのからだも、立春頃から、一気に春モードになった。

花粉症歴40ウン年がゆえ、
鼻水、目、皮膚のかゆみ。


ウィークポイントの肝臓が毒だしモードなので、
いつも以上に働いてくれず、

大酒飲みと言われたこのあたくしが、
ビール1本で、アルコール代謝できず、ぐるんぐるん。
翌日は、二日酔いの症状が。

ちょっとでもカフェインが入っているものを飲んでしまうと、全く眠れない。
いつもはセーフの量でも、量を減らしても、まったくダメ。


苦いものが、食べたくて食べたくてたまらない。

もともと緑茶が大好きなので、飲みたくてたまらないのだが、
マージーで眠れなくなり、不眠だけは避けたいので、
ウコンや苦みのあるお茶でガマン・・・。

菜花、ブロッコリー、春キャベツがうまくてうまくてたまらない。

和菓子屋に行くたびに、草餅を買うが、
ヨモギが足らなすぎて、物足りない・・・。


山菜とりに行きたーい!

ふきのとう、たらの芽の天ぷら、

タケノコが食べたーい!



からだは、今のからだに必要な食べ物を知っている。



*********************************

わたしが、実際に愛用している、使ってよかった商品リスト。
⇒栄養補助食品・サプリメント
⇒調味料


心とからだを美しくする食品
※面識のある方、またはそのご紹介者様限定販売
⇒詳しくはこちら


算命学鑑定
※面識のある方、またはそのご紹介者様限定
⇒詳しくはこちら


自然治癒力活性整体
痛みなし、副作用なし、の自然治癒力を活性するエネルギー整体
⇒詳しくはこちら


スピブログ









スポンサーサイト



ジャンル: 心と身体
テーマ: 心と体にいいことはじめよう!
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。