fc2ブログ
アイキャッチ画像
P8080033.jpg


千葉の花火大会に行って来ました!



P8080050.jpg

贅沢にも波打ちぎわのアリーナ席で観たのですが、
海面に花火が映ってキレイで感激でした!




さて、「人体常在菌のはなし-美人は菌でつくられる-」の青木 皐先生によると、
皮膚には平均10種類の菌が1兆個、1平方cmに100万個もの菌が存在しているそうです。

肌に存在している菌を「常在菌」と言いますが、その中でも、「表皮ブドウ球菌」と「アクネ菌」は善玉菌に区別されます。
※アクネ菌はニキビの原因で悪玉菌扱いされていますが、異常増殖しなければ無害なので善玉菌に分類されるんだそうです。

これらの菌は、私たちが出した皮脂、汗をエサにして、酸性の排泄物を出します。
この排泄物が皮脂や汗と混ざったものが、「天然のクリーム」となり、
肌を保湿してしっとり保ち、皮膚バリアとなり、肌を汚れ、悪い菌、ウイルスなどから守ってくれます。


しかし、いつも善玉菌が元気でいてくれれば良いのですが、あることで常在菌のバランスが崩れてしまうと、悪玉菌が増殖し、乾燥してカサカサになる、かゆみが出る、部分的に異常に脂っぽくなる、ふきでものができるといった肌トラブルが起きてしまいます。

常在菌は、洗顔、入浴により90%も洗い流されてしまいますが、環境さえ整えてあげれば、常在菌は数十分~12時間かけて肌に戻ってきてくれると言います。
しかし、洗顔のしすぎ、顔磨きクロスでのこすり過ぎ、合成界面活性剤入りの洗顔料やクレンジングでの洗顔、化学物質を豊富に含むスキンケアを行ってしまうと、通常は12時間で戻るはずの菌は戻ってきてくれません。

善玉菌が戻ってきてくれないと、肌はアルカリ性のままになってしまい(正常な状態の肌は弱酸性)、悪玉菌だけが増えて、肌の乾燥をはじめとした肌トラブルを引き起こします。

肌が乾燥する、肌の調子が悪いからと言って、化学物質がたくさん入った化粧品を塗りたくってしまうとさらに善玉菌が戻れない環境となってしまい、結果、いつもたっぷり化粧品を塗らないといられないという悪循環に陥ってしまいます。


では、
常在菌に元気良く働いてもらうには
常在菌を育てるにはどうしたらよいのか?

といいますと・・・

①「菌の嫌がること」を避ける
●紫外線
●洗いすぎ
●こすりすぎ
●乾燥
●寒さ
●化学物質

②菌が育ちやすい環境を作る
●週に1回、運動、入浴などで血行を良くし、汗をたくさんかく日を作る。
●週に1日は化粧をしない日を作る
●栄養バランスの良い食事をする
●たっぷり睡眠を取る
●腸内環境を整える
●体を冷やさない
●ストレスを取り除く

むー、これって、
自分の健康や美容を維持するのも
常在菌を育てるのも
ほとんど一緒なんですね!


実は、みっちは、ここ2週間くらい、顔の皮がむけ、乾燥肌が酷くなってしまいました。
原因は、3週間前にやってしまった波乗りの日焼け、会社の異常な冷房、生理による体調不良と思われます。


「常在菌を育てる」といった目線でみてみると・・

●合成界面活性剤をたっぷり含んだ日焼け止め
●合成界面活性剤をたっぷり含み、洗浄力の高すぎるクレンジングオイルでの洗顔
●紫外線
●乾燥
●疲労、寝不足
●冷房による冷え
●体調不良

見事に常在菌に嫌われる条件が揃っていました・・・(汗)


ってことで、早速、「常在菌を呼び戻そう作戦」を実行!

①洗顔
合成界面活性剤の入っていない低刺激の洗顔料を使用
1日2回朝と夜
しっかり泡立てて肌をこすらずやさしく洗う

②保湿
化粧水でたっぷり保湿する
水分を逃がさないように乳液で膜を作る
(今回は夏場で湿気も多いので、乳液は水で薄めて乾燥が気になる部分にほんの少し使った程度にしました。)

③化粧はしない、化学物質を含むものを肌につけない
肌の調子が悪いと化粧品をたっぷり塗りこみたくなるところですがここは我慢!
化粧、クレンジング、美容液、クリーム、日焼け止めなど、肌に負担をかけるものは一切使いません。

④汗をかく、体を冷やさない、乾燥させない
ちょうど猛暑ではなく涼しい日が2日続いてくれたので、家では冷えと乾燥対策のためにクーラーは使わず過ごしました。

⑤栄養バランスの良い食事

⑥たっぷり睡眠を取る

⑦ストレスを取り除く

⑧腸内環境を整える

変化が表れたのは実践した2日後、
日に日に肌がしっとりしてきて菌が戻ってきてくれているのがわかり、あんなに顔の皮がむけて乾燥していたのに1週間もしないうちに肌の調子がよくなりました!

いつも一生懸命お手入れしてる時より回復が早いような気がする!


やはり化粧品は肌に負担をかけるものなので、必要最小限にした方が良いようですね。
でも、青木先生もおっしゃっていますが、化粧水と乳液は必須ですよ!


常に常在菌を嫌がることを避け、
菌を大事に育ててあげることを意識して、
健康も美肌も手に入れよう


自分の常在菌を目で見て把握できるといいのにな~。
でも実際見えたらすん~ごい数で相当怖いと思う・・・。



いつも“応援クリック“↓ありがとうございます。
ブログを書く励みになります。
人気ブログランキング


スポンサーサイト



ジャンル: ヘルス・ダイエット
テーマ: 美容・健康・アンチエイジング
宮澤 美智
宮澤 美智

フードセラピスト 宮澤美智

酵素栄養学指導士
野菜ソムリエ
算命学十三代宗家系譜 算命学鑑定士


喘息、アトピー、アレルギー、重度の慢性便秘など、
物心ついた頃から、たくさんの病気や不調を経験。

治したい一心で、大手外資系製薬会社に勤務するが、
西洋医学に限界を感じ、
アーユルヴェーダ、自然療法、栄養療法、食事療法、波動(エネルギー)療法、前世療法などを学ぶ。

食事とデトックスで、「歩く病気のデパート」とまで言われた数々の病気や不調を克服した経験から、
2008年、酵素食(ローフード)の入門書となる「ライバルには教えたくない美肌レシピ-酵素をとり入れてみるみるアンチエイジング」を出版。

心とからだ、人生が好転することに味を占め、
自他ともに認める、「百戦錬磨のデトックスマニア」。


趣味は、食べること。ボディボード(歴26年)。スピリチュアル好き。

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック