心とからだを美しくする方法

心とからだをより美しくするお手伝い フードセラピストの宮澤美智です。 “歩く病気のデパート”と呼ばれるほどの数々の病気や不調を”食”と”酵素”で体質改善し、心とからだが生まれ変わりました。 体質改善で得た経験と、大手製薬会社に勤務していた知識を生かして、ナチュラルフードの販売、料理教室を主宰しています。 ゆるく、楽しく、心とからだを改造中。

Entries

アケビ天国

11月1日(土)に「美肌レシピ」ランチョンセミナー(女優肌コース)を行います♪

まだお席あります!
ご予約はお早めにどうぞ。

******************************************
「美肌レシピ」ランチョンセミナー(女優肌コース)

日時:11月1日(土) 12:00-14:00 ※11:30受付開始

場所:「オリジナルダイニングTOURI」 グリーンプラザ新宿内
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-29-2 グリーンプラザ新宿B2F
JR新宿駅 東口 徒歩6分 / 西武新宿線西武新宿駅 北口 徒歩1分

ナビゲーター:酵素レシピアドバイザー あまきみちこ

特別講演:女優肌研究家 水野もも

会費:3,000円

定員:20名 ※先着順

予約方法:10月1日(水)開始
「オリジナルダイニングTOURI」に電話してください。
電話番号:03-3207-4927
●「11月1日(土)女優肌コース」 参加希望
●お名前
●ご連絡先(携帯番号)
●参加人数           をお伝えください。

<キャンセルについて> ※必ずお読みください
事情によりキャンセルされる場合は、10月26日(日)までに上記電話番号にご連絡ください。それを過ぎますと、キャンセル料が発生致します。どうぞご了承ください。
今回は、特別企画、特別料金のため、多数の参加ご希望の方がいらっしゃいます。
料理の仕込みの都合上、先着順で20名限定となりますので、当日や直前のキャンセルはくれぐれもご遠慮ください。

セミナーコンセプトはこちらです

予約は先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

利益度外視の特別料金は今回だけ!です。
次回から値上げさせていただきます。
どうぞこのチャンスをお見逃しなく。

みなさんにお会いできることを楽しみにしております♪
******************************************

P9290002.jpg
アケビ大収穫っ!!!

山梨の知人の自宅の敷地内に「これでもかっ!」というくらいになっていたので、
ごっそりとってきました。



今日はアケビを紹介します♪

歴史

アケビは、「無病延命」の珍果として朝廷に献上されていたといいます。
古くから果実だけでなく、若葉や花芽なども食べ物や薬草として用いられてきました。


P9290004.jpg 名前の由来

なんと!名前の由来は3つもあります!

①熟すとこのように実がパカッと開くため、「開け実(あけみ)」→「アケビ」
②赤い(紫)実をつけることから、「赤実」「朱実」(あかみ)→「アケビ」
③実が熟して開いた様子が、人間があくびをしている姿ににているため「あくび」→「アケビ」

ちなみに、アケビは漢字で「通草」と書きます。
アケビのツルを切り取り、片方の端から息を吹き込むと、ツルの中を空気が通り抜けることから、「通草」の漢字が当てられました。



原産地

日本と中国


産地

日本一の生産量は山形県
山梨県などでも栽培が行われています。


種類

アケビは、大きく分類すると、
「アケビ」「ミツバアケビ」「ゴヨウアケビ」の3種。
「アケビ」は葉が5枚で紫の実、「ミツバアケビ」は葉が3枚で黄土色の実、
「ゴヨウアケビ」はアケビとミツバアケビの自然交配種で、ふちが波状の葉が5枚で実はつきません。
しかし、野生の植物のため、葉が5枚のところ、3枚、4枚あったり、実がつかないといわれているゴヨウアケビに実がなっていることもあるとか。
自然のものなのでこれはあくまでも目安としてください。←アバウト大好き(笑)


栄養

ビタミンC:抗酸化作用、免疫力アップ、美肌・白肌
カリウム:利尿、むくみ改善、余分な塩分の体外排出
アケビン(ツル部分):利尿、抗菌、抗ガン作用

アケビのツルを輪切りにして天日干しして乾かしたものは、漢方では「木通(もくつう)」と呼びます。
ちなみに、「木通(もくつう)」とは、ツルを切って空気を吹き込むとツルの中を空気が通るためにつけられました。
煎じて飲むと、利尿、消炎、鎮痛、むくみ、腎炎、膀胱炎に効果があると言われています。


食べ方

割れた実が白色から半透明に変わってゼリー状になったら食べ頃です。
かなり食べにくいのですが、種を出しながら、ゼリー状の部分の素朴な甘さを味わいます。

皮はよく日本料理屋さんで器に使われているのを見かけますが、
実は皮の部分も食べられるんですっ!(知りませんでしたっ!)
アケビの産地の山形では、肉詰め、煮物、油で揚げたり、炒めたりして食べられます。
みっちもまだ食べていないのですが、ほろ苦いナスのような味だそう。

また、アケビの芽も春の山菜として食べられます。
ちなみに、一般的に「木の芽」というと「サンショウの新芽」のことを指しますが、
東北地方では「アケビの若芽」のことを指すそうです。


さてさて、ちょっと宣伝です。

飲食事業に携わっている方、
メニュー作成やメニュー改善で悩んでいらっしゃいませんか?


みっちの友人の「フード販売スペシャリスト」昌谷(さかや)治彦さんが、
カラーセラピスト、管理栄養士と強力タッグを組んで
“カラーと栄養を機軸とした新しいメニュー”の提案を始められましたっ!

題して、「カラーメニュープロジェクト(CMP)」

「カラーメニュー」は飲食店限定ではなく、旅館やホテル、産業給食、コントラクトフード、介護給食や総菜、中食のメニューまでも対応されています。

昌谷さんは、地域ブランド商品の活性化、学校の講師などで活躍され、
人柄も良く、人気の飲食コンサルタントなんです。

以下、昌谷さんのHPから抜粋です。↓

カラーメニューにつきましては、こんな想いで企画致しました。

2008年4月より、厚生労働省はメタボリックシンドローム検診を義務化致しました。
現在、薬膳料理を始め、『その料理を食べると、身体の健康によい影響をもたらす』といったメニューは、昨今のヘルシーブームの影響のせいかますます店舗数が増加傾向にあります。

また一方では、統計データーによると、自殺者の数も年々増加傾向にあることが分かっています。

これだけ健康(ヘルシー)メニューが日本社会でその地位を向上しつつあるのにも関わらず、一方で精神的な疾患が減少を見せないのはなぜでしょうか? 
これは、食事に対して身体的健康を求めながらも、精神的健康へのケアがまだまだ足りないと言えるのではないでしょうか。
そこで我々カラーメニュープロジェクトチームは、色(カラー)が身体と精神の栄養バランスを整える事に着目し、そのノウハウを活かしたメニュー開発に着手致しました。

これからの時代は、身体のケアと精神のケアのバランスが求められます。
近い将来、カラーを活かすことがメニュー販促の中心となると確信をしております。

カラーメニューにつきましては、本当に必用だと思われる業種、業態に採用をして頂きたいので、サンプルをダウンロードして頂いた後も無理に売り込むことはございません。
安心をして、サンプル版をご評価下さい。

サンプルダウンロードはこちら

●問い合わせ
フード販売スペシャリスト 昌谷(さかや)↓
mailto:deliciouslife168@gmail.com


いつも“応援クリック“↓ありがとうございます。
ブログを書く励みになります。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最近の記事

プロフィール



フードセラピスト
宮澤 美智

酵素栄養学指導師

日本野菜ソムリエ協会
○ジュニア野菜ソムリエ
○ベジフルビューティーセルフアドバイザー

ナチュラルシード
シードマイスター(8期生)

都内在住 江戸っ子 46歳


体質改善をする前のわたしは
「病気のデパート」でした。

赤ちゃんの頃から、慢性便秘、喘息、アトピー、アレルギー体質。

半年以上、生理が来ないのは当たり前、
社会人になると、ストレス、不規則な生活、食生活の乱れにより、
自律神経がぶっこわれ、ホルモンバランスがガタガタに崩れ、
子宮内膜症、PMS(月経前症候群)、チョコレートのう胞、多嚢胞性卵巣症候群(ネックレス症候群)など数々の婦人病を発症。

特技が、暴飲暴食と酒飲みのため、
逆流性食道炎、胃腸炎、慢性扁桃炎、偏頭痛、貧血、低血圧、慢性便秘、肝臓病、腎臓病、結石、重度の冷え性。

長年の趣味のボディボードによる日焼け、重度の乾燥肌による、乾皮症、数々の肌トラブル。
鬱、パニック障害、化学物質過敏症などなど・・・。

物心ついた頃から、
あげたらきりがないほどの
病気や不調と戦ってきました。


常に、どこかが具合が悪く、
解熱鎮痛剤、抗生物質、消炎剤、胃薬など、大量の薬とサプリメントを飲まないと、
人並みの生活が送れませんでした。

からだだけでなく、
メンタルもガタガタにやられ、

この生き地獄から抜け出したい!健康になりたい!キレイになりたい!楽になりたい!がために、某大手外資系製薬会社に入社。

製薬会社の特権を生かし、名医、新薬、新しい治療の情報を入手して、
有名病院を渡り歩き、良いと言われる療法、食べ物、飲み物、サプリメントなど、
自分にできる限りのお金と時間と労力を費やし、片っ端から試してきました。


しかし、

努力の甲斐もなく、
どんどん病気や不調が増えるばかり・・・。

こんなに努力をしているのに、なぜ??
体質だとあきらめなければいけないの??
絶望しながら、もがき苦しんでいました。


妄信していた西洋医学に疑問を持ち、
本格的に、食と栄養学の勉強を始めて、
だいぶ体調が良くなってきた頃、

美容家の水野もも先生に出会い、”酵素”のことを知りました。


酵素と食を意識しただけで、
わずか、1週間で、
みるみるうちに、心とからだが変わるのを実感。

心とからだが、どんどん軽く、楽になってくるのがうれしくてうれしくて、
酵素と食だけで、36歳で体質改善に成功。

わずか3ヶ月で、食事制限なし、運動制限なし、苦労なしで、
体重-4gk、体脂肪-6%の適正体型に。

長年、患っていた病気や不調もみるみる改善し、
病院通いと薬漬け生活にオサラバしました。


趣味の波乗りによる日焼けで、「ヤマンバメイク」とまで言われた真っ黒でボロボロだった肌も、すっかりキレイになり(※注:これでも)、
最近は、「肌がキレイになったけど、どこのエステ行ってるの?」、「波乗りはやめちゃったの?」と言われるまでに。

さぞかし、色々とお手入れしてるんでしょう?と言われるものの、
プチ整形はもちろん、エステに通ったこともなく、今や、化粧水、乳液すらも要らない肌を手に入れました。

現在、46歳ですが、スッピンで生活しています。


からだがどんどん軽くなると、
心もどんどん軽くなりました。

物心ついた頃から、将来の夢や希望もなく、自分の人生を呪って生きてきたのですが、大嫌いだった自分を、認められるようになり、少しずつ、自分のことを好きと思えるようになりました。

もっともっと、健康になって、キレイになって、

要らないものをそぎ落とした本当の自分になりたい!

楽しく、楽に生きたい!


今や、趣味とも言える、
心とからだの改造と自分のからだで人体実験。


現在、46歳ですが、
年齢を重ねるごとに、衰えるどころか、
毎日、心とからだが進化し続け、
今が、人生で一番心とからだの調子が良いです。


◆ポリシー

ゆるく、楽しく♪

あれもダメ!これもダメ!ちゃんとやらないとダメ!は、心にもからだにも毒。
根本的に、ものぐさで、なまけもの。自他共に認める食いしん坊&酒飲みなので、
絶対無理はしない、マイペース、毎日、楽しく続けられる、ゆるゆるなスタンスです。


◆愛息子まる(シーズー)のこと

愛息子まる(シーズー享年14歳)も食で命が救われました。
数々の病気や問題を抱え、とうとう視力を失い、あまりの苦痛に全身の毛が抜け落ち、立てなくなってしまい、獣医から余命1ヶ月半と宣告を受けました。
かわいいまるを地獄の底から助けたい一心で、犬のごはんやケア方法を猛勉強して、実践したところ、まるは、みるみる回復。
重度のアトピーと苦痛によるストレスで、全て抜け落ちてしまった顔と全身の毛は、まるで赤ちゃんのようなふわふわでやわらかいキレイな毛に生え代わり、
ヒビ割れて流血し、ぐじゅぐじゅだった皮膚と肉球は、赤ちゃんのようなぷよぷよのつるつるに。

まるは、死の淵から生還しただけでなく、苦しみから解放されて、元気に生まれ変わり、心臓発作で亡くなるまで、寿命を4年延ばし、幸せに暮らすことができました。

まるとの体験は、薬を使わない治療をされ、犬の手作りごはんを推奨されている獣医 須崎先生の本でも紹介されました。



◆趣味

○心とからだの改造、自分のからだで人体実験
デトックス、排毒、毒だし、浄化。
自称「デトックスマニア」

○飲み食い
自他ともに認める食いしん坊&酒飲み。
美味しいものを食べるためには、お金は惜しみません(笑)

からだに良い、罪悪感がない、太らない、美しくなれる、
パンとスイーツが食べたくて、
素材にこだわった、トランス脂肪酸、白砂糖、添加物ゼロのナチュラルパンやナチュラルスイーツを作ります。

○ボディボード
歴23年
週末は、千葉の南房総に滞在して波乗りしてます。

○スピリチュアル大好き
体質改善をしたら、波動が上がって、スピリチュアルデビューしました。
ブログはこちら

本/雑誌

登場させていただきました
「美ST」

「LDK」


犬の手づくりご飯


薬を極力使わずに治療をされていて、犬の手づくりご飯を推奨されている獣医の須崎先生の本です。
わたしが作るご飯で、余命宣告から復活した愛息子まる(シーズー享年14歳)の実体験とご飯レシピが掲載されました。
記事はこちら

酵素ドリンク

酵素ドリンク・酵素化粧品の
Vel & Natural E/O

記事はこちら

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

出演、執筆等のお問い合わせ・ご相談は、こちらのフォーム↑からご連絡ください。
個人的な内容には、お答えしていません。
お問い合わせやコメントをいただいても、お返事できませんのでご了承ください。