FC2ブログ

心とからだを美しくする方法

心とからだ、人生は、食べ物から作られます。 食事、栄養、見えないエネルギーの世界から、心とからだを美しくするお手伝いをしています。

Entries

世の中トランス脂肪酸だらけ

生まれてはじめて作った千羽鶴です!
senbaduru.jpg
重い病気を患っている人のため、有志の人たちで作りました。

しかし鶴を折ったのは一体何十年ぶりだろう。
最初は「そんなに折れるかな~大変そうだな~」と思ったんですが、折れば折るほど結構ハマってしまいました。
これはみっちだけじゃないらしく、時間が経てば経つほどもっと折りたいという人が続出。
最初は数が足りるか心配だったんですが、おかげで1000羽を超える鶴が集まりました。
ありがたいことです。

鶴を折るのはなんの苦もなかったんですが、鶴を糸でつなげる作業が予想以上に大変でした。
なにが大変って、たくさんの人たちに折っていただいたので、色々な種類の鶴がいるんですよね。
「これなに?鶴?エビ?首はどこ?」っていうのが結構あってこれはこれで笑って癒されましたけど(笑)、1羽でもそういうのがあるとつなげるのが大変(涙)
みんな苦労してました。
手先が器用な女子4人(←注:みっち含む)で、「目が痛い~」「肩が凝った~」「お腹すいた~」「喉かわいた~」だの言いながら丸3時間がんばりました。

たくさんの人たちの願いがこもった千羽鶴。
1日も早く元気になることを祈ってます!


さて、先日から何度かトランス脂肪酸のこと書いたら、あるところからかなりの反響が・・・

「そんな毒と言われるものを国が許可するはずがない」
「そんな毒が普通に店に売ってるわけがない」
「そんなこと言ったらなにも食べられないじゃないか」
「いーや、誰がなんといおうとオレは食うね」

はい、このセリフは、飲み食い大好きのメタボのおじさんたち(笑)
あーいえばこーいうで必死で抵抗するんですよ。

みっちも食い意地の張った元メタボ(いや、今でもか?(笑))なので気持ちはよーくわかる!
けど、これが現実。現実をみなさい。
ま、こういうおじさんたちはいちいち対応するのは面倒なんでね、
「あなたの体ですからどうぞお好きになさって♪」(なぜかお嬢様口調)って言うようにしてますけど(笑)
その人の体はその人の体。どうしようとその人の勝手ですから。

さ、今日もそんなメタボのおじさんたちが、さらにあーいえばこー言いたくなるようなことをまた書いちゃおっかな♪(笑)

WHO(世界保健機関)はトランス脂肪酸は摂取エネルギーの1%以下にするよう勧告しています。
トランス脂肪酸の健康被害については既に世界では常識。
先進国のアメリカ、カナダなどは加工食品中のトランス脂肪酸の含有量の表示を義務付けたり、使用量の規制を設けています。アジアでは日本よりも先に既に韓国が規制を設けてますし、今年に入ってからはシンガポールが今年中に規制をすると発表しました。

「日本はなにをやっとるんじゃ?」と言いますと、やーーーっと最近になって、トランス脂肪酸の含有量を企業に自主開示させるガイドラインを作る動きがでてきました。
遅い・・・遅すぎる・・・。
日本は先進国にもかかわらずなぜこれだけ対応が遅れてしまったかといいますと、一説では油脂会社等の圧力とも言われてます。(日本らしいとミョーに納得しちゃいましたが・・)
そういえば、大臣変わったけど、ちゃんと進んでるんだろうか・・・。

現在のところ、国は「1日当たりの摂取量は、総エネルギー摂取量の1%未満(国の試算では0.92~0.96g)なので、欧米に比べて日本人はトランス脂肪酸の摂取量が平均的にみて少ないため問題ない。」としています。
ところが、この1%未満の数字は、書いてある通りあくまでも「平均」。
平均ってことは、上も下もあるってことです。
今、日本では、食の欧米化が進んでいるのはご存知の通り。
年々、肉、加工食品、ファーストフード、コンビニ食、中食のお惣菜などの摂取量が増えてますが、まさにこれらの食品はトランス脂肪酸の宝庫なんです。
ある調査では、コンビニやファーストフードの食品の中には1品だけでトランス脂肪酸をWHOの基準の1%を超えるものがたくさんあるとか。

さすがに商品名を挙げてのトランス脂肪酸含有量は公表されてませんけど、国が示している一般的な食品のトランス脂肪酸含有量というのがあったので、数値が高め(1g前後)のものを抜粋してみました。

※単位: g/100g、最小値~最大値

マーガリン・・・0.94~13
ショートニング・・・1.2~31
ファットスプレッド・・・0.99~10
バター・・・1.7~2.2
生クリーム・・・1~1.2
コンパウンドクリーム(ホイップクリーム)・・・9~12
コーヒークリーム・・・0.011~3.4
ナチュラルチーズ・・・0.5~1.5
プロセスチーズ・・・0.48~1.1
食用植物油・・・0~1.7
ドレッシング・・・0~0.88
マヨネーズ、クリーミードレッシング・・・1~1.7
クッキー・・・0.211~3.8
ビスケット・・・0.036~2.5
クラッカー・・・0.049~0.81
ドーナツ・・・0.27~1.6
菓子パイ・・・0.37~7.3
クロワッサン・・・0.29~3
デニッシュ・・・0.411~0.98
スポンジケーキ・・・0.39~2.2
ショートケーキ・・・0.4~1.3
半生ケーキ・・・0.17~3
ポップコーン・・・13
ポテトスナック・・・0.026~1.5
牛脂・・・2.7
和牛(肩ロース)・・・0.52~1.2
和牛(サーロイン)・・・0.54~1.4
牛(ハラミ)・・・0.79~1.5
カレールウ・・・0.78~1.6
ハヤシルウ・・・0.51~4.6

ケーキ、パン、菓子、スナック、肉、カレー・・・
あ~、どれもみっちの好きなものばっかりぃぃぃ~(泣)
みっちだけじゃなくて、メタボのおじさんたちもさぞかし悲しんでることだろう。ふふふ。

中には「1日に100gも食べることはないんじゃない?」っていうのもありますけど、例え含有量が少なくても、1日の食事のトータルで考えたら、あっという間にかなりの量になっちゃいそうです。

「国はこのことに気付いてないのか?」って思うんですが、
はい、ちゃんと気付いてます。↓
「偏った食事をしている場合は、平均値を大きく上回る摂取量となる可能性はある。」とちゃんと示してるんですね。

残念ながら国はわたしたちの健康は守ってくれません。
やはり自分の体は自分で守るしかないです!

それにしても、予想以上に食品のトランス脂肪酸含有量が多くて驚きました。
しかもこの数値はあくまでも国が調べた範囲の一部のものですからね。もっとすごいのがあるかもしれません。
みっちは、トランス脂肪酸のことを知ってから、自分が今まで、アトピー、アレルギー、喘息、体調不良に悩まされきた原因のひとつはトランス脂肪酸だったと自分の体をもって実感してます。
体質改善に成功した理由の1つはトランス脂肪酸を気をつけるようになったから。
これまでトランス脂肪酸が入ったものは今までしこたま食べまくってきました。
ファーストフードは週に3~4回は食べてたし、バターよりマーガリンの方が健康に良いと信じてマーガリンを大量に食べてたし、マヨラーだったし、スナックやお菓子は新製品がでると必ず食べてたし、さくさくふわふわとろとろ(←これはトランス脂肪酸のなせる技!)のお菓子、揚げ物、お惣菜、コンビニが大好きでした。

これまで何も知らずにどのくらいのトランス脂肪酸をとってきてしまったのか・・・
想像するだけでオソロシイ・・・。

日本はトランス脂肪酸の知名度があまりにも低すぎです。
早く世の中に知れ渡り、規制されることを祈ります!

応援クリック↓していただけるとブログを書く励みになります。
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
スポンサーサイト



Comment

 

過去の歴史が物語ってますが、この分野では
厚生省の対応は遅れてますからね。

自分で身を守らないと!!
  • posted by ユーアイネットショップ店長うちまる 
  • URL 
  • 2010.06/14 
  • [Edit]
  • [Res]

 

うちまるさん
ほんとですよね~。
まったく、お役所ってとこは!(怒)
  • posted by みっち 
  • URL 
  • 2010.06/14 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最近の記事

プロフィール



フードセラピスト
宮澤 美智

酵素栄養学指導士

日本野菜ソムリエ協会
○ジュニア野菜ソムリエ
○ベジフルビューティーセルフアドバイザー

ナチュラルシード
シードマイスター(8期生)

都内在住 江戸っ子 アラフィフ


体質改善をする前のわたしは
「病気のデパート」でした。

生まれつき腸が弱く、母乳ではなく、粉ミルクで育ったため、
喘息、アトピー、アレルギー、便秘体質。

半年以上、生理が来ないのは当たり前、
社会人になると、ストレス、不規則な生活、食生活の乱れで、
自律神経失調症、ホルモンバランスがガタガタに崩れ、
生理不順、子宮内膜症、月経困難症、子宮筋腫、PMS(月経前症候群)、チョコレートのう胞、多嚢胞性卵巣症候群(ネックレス症候群)などの婦人病に。

特技が、暴飲暴食&酒飲みのため、
逆流性食道炎、胃腸炎、慢性扁桃炎、片頭痛、貧血、低血圧、慢性便秘、肝機能障害、腎機能障害、結石、医者にビックリされるほどの重度の冷え性、痔。

ボディボード歴26年による、日焼け、重度の乾燥肌、乾皮症、ふきでものなどの肌トラブル。

鬱、パニック障害、化学物質過敏症など。


物心ついた頃から、
たくさんの病気や不調と戦ってきました。


常に、どこかが具合が悪く、
解熱剤、消炎鎮痛剤、抗生物質、胃薬、サプリメントを飲まないと、
人並みの生活が送れない。

社会人時代は、会社の行き帰りや昼休みに、病院で点滴をしながら、働いてました。


早く、楽になりたい。
この生き地獄から抜け出したい。
健康になりたい。
の一心で、某大手外資系製薬会社に入社し、

名医、新薬、新しい治療の情報を入手し、
病院を渡り歩き、良いと言われる薬、治療、食べ物、栄養補助食品、サプリメントなど、
自分でできる限りのお金、時間、労力を費やしました。


しかし、努力の甲斐もなく、
病気と不調は、治るどころか、どんどん増えるばかり・・・。


こんなに努力をしているのに、なぜ?
体質だとあきらめなければいけないの?
と、絶望しながら、もがき苦しみました。


ようやく、妄信していた西洋医学に疑問を持ち、
本格的に、食と栄養学の勉強を始め、実践したところ、
わずか、2週間で、
心とからだが、軽くなるのを実感。

2年後には、
長年患っていた数々の不調や病期をほぼ克服し、体質改善に成功。

長年の病院通い&薬漬け人生に、サヨナラしました。


わずか3ヶ月で、
食事制限なし、運動制限なし、苦労なしで、
体重-4kg、体脂肪-6%の適正体型に。

長年の波乗りによる日焼けで「ヤマンバメイク」とまで言われた真っ黒でボロボロだった肌も、
最近は、「肌がキレイになったけど、どこのエステ行ってるの?」、「波乗りはやめちゃったの?」と言われるまでに。

「さぞかし、色々とお手入れしてるんでしょう?」と言われるものの、
エステに通ったこともなく、化粧水、乳液すらも要らない肌を手に入れました。

現在、アラフィフですが、
ガチのスッピンで、生活してます。


物心ついた頃から、自分の心とからだに絶望していたので、
将来の夢と希望なんてものはなく、自分の人生を呪って生きてきたのですが、
大嫌いだった自分を、少しずつ受け入れ、好きと思えるようになりました。


現在、アラフィフですが、
年齢を重ねるごとに、衰えるどころか、
今が、人生で、一番、心とからだの調子が良い!
と言い切れます。


食事、生き方を変えることで、
心とからだ、人生が、真逆の別人のように生まれ変わった体験と知識は、

わたしの人生の宝です。



◆愛息子まる(シーズー)のこと

愛息子まる(シーズー享年14歳)も、食で命が救われました。
重度のアトピー、重度の緑内障による激痛、視力を失った恐怖など、あまりの苦痛で、顔と全身の毛が抜け落ち、死臭がし、とうとう、立てなくなり、獣医から余命1ヶ月半と宣告を受けました。
まるを地獄の底から助けたい一心で、犬のごはんやケア方法を猛勉強して、実践したところ、みるみる回復。

全て抜け落ちてしまった顔と全身の毛は、まるで赤ちゃんのようなふわふわでやわらかいキレイな毛に生え代わり、
組織が崩壊して、流血し、ぐじゅぐじゅだった皮膚と肉球は、赤ちゃんのようなぷよぷよのつるつるに。

まるは、死の淵から生還しただけでなく、痛みと苦しみから解放されて、元気に生まれ変わり、
心臓発作で亡くなるまで、寿命を4年延ばし、幸せに暮らすことができました。

まるの闘病体験は、薬を使わない治療をポリシーに、「犬の手作りごはん」を推奨されている獣医 須崎恭彦先生の本でも紹介されました。



◆趣味

○心とからだの改造
自称「デトックスマニア」

○飲み食い
自他ともに認める食いしん坊&酒飲み(←現在は卒業)
おいしいものを食べるためには、お金は惜しみません(笑)

心とからだにやさしい、罪悪感がない、太らない、おいしい、
パンとスイーツが食べたくて、
素材にこだわった、トランス脂肪酸、白砂糖、食品添加物ゼロのナチュラルパンとスイーツを研究してます。

○ボディボード歴26年

○スピリチュアル好き
ブログはこちら

アロエベラ・栄養補助食品 お問合せ

食と心とからだ、酵素栄養学、自然療法、代替療法、エネルギー療法を探求してきたわたしが、 愛用しているアロエベラのジュース、栄養補助食品、サプリメントを販売しています。

→詳細はこちら

出演・執筆等 お問合せ

→お問合わせはこちら

※個人的な内容には、お答えしていません。
お問い合わせやコメントをいただいても、お返事できませんのでご了承ください。

酵素ドリンク

酵素ドリンク・酵素化粧品の
Vel & Natural E/O

記事はこちら

本/雑誌

登場させていただきました
「美ST」

「LDK」


犬の手づくりご飯


薬を極力使わずに治療をされていて、犬の手づくりご飯を推奨されている獣医の須崎先生の本です。
わたしが作るご飯で、余命宣告から復活した愛息子まる(シーズー享年14歳)の実体験とご飯レシピが掲載されました。
記事はこちら

右サイドメニュー

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QR