心とからだを美しくする方法

心とからだをより美しくするお手伝い フードセラピストの宮澤美智です。 “歩く病気のデパート”と呼ばれるほどの数々の病気や不調を”食”と”酵素”で体質改善し、心とからだが生まれ変わりました。 体質改善で得た経験と、大手製薬会社に勤務していた知識を生かして、ナチュラルフードの販売、料理教室を主宰しています。 より良い自分になるために、ゆるく、楽しく、心とからだを改造中です。

Entries

本物の日本酒とは

人間ドック2010の結果がでました。
今年は猛暑だったせいか夏痩せしたらしく(注:これでも)、BMI(ボディマス指数、体重と身長から算出した肥満度)、中性脂肪が下がってました。
喜ぶところなんですが夏が終わったらまたすぐに戻るのはいつものこと、もう騙されなくってよ(笑)

そして・・・、
またもやひっかかってしまいました・・・

・・・γ-GPT(涙)

要観察範囲の数値ですけど、昨年はクリアしただけあってショック!
・・とはいえ、思えば、検査当日は、二日酔い明け&プライベートでストレスフルなことがあって心身ともにヨレヨレだったのでこの数字は当然っちゃー当然なんですが・・。
「暑い時はやっぱりビール♪白ワイン♪スパークリングワイン♪泡もの日本酒もウマイ♪」・・と、猛暑にかこつけて休肝日を取らず毎日飲んでたしな~。反省・・・。

今年の目標、休肝日を取るぞー!←いつも言っている・・。毎日言っている・・。


と、まぁこんな検査結果がでたところで、自然栽培野菜・自然食品のナチュラルハーモニーさんの日本酒講座に行ってきました。
まったく反省なし?(笑)
1009nihonshukoza.jpg
酒好きみっちは、もともとビールとワインをメインに飲んできたのですが、ここ2年くらいで日本酒もリスト入り。
マスマス酒代がかかって困っております(笑)

今まで日本酒をあまり飲んでこなかったのには理由がありまして・・・、
おいしいと思えなかった、飲んだ後頭が痛くなったり具合が悪くなったから。

みっちだけでなく、安価な日本酒を飲んで、頭痛、吐き気、二日酔いなど経験された方も多いのでは?


「安い日本酒だからそうなる高いのを飲めば大丈夫」
「これは絶対においしいし具合が悪くならないから飲んでごらん」
と言われて日本酒を口にしたことは今までに何度かあったんですけど、「また頭が痛くなるんじゃないか、具合悪くなるんじゃないか」と疑いながら飲んでいたので、味覚的に「おいしい」と思えても、心から「おいしい~♪」と飲むことができませんでした。


それはみっちの味覚、気のせいなんかではなく、ちゃんと理由があったんです。
「本物の日本酒かどうか」だったんですね。

シロウトの私たちの日本酒のイメージというと、
原料は米や菌だけで、酒蔵では米、菌の仕込みから1つ1つの工程を経て時間をかけて作られるもの。ですよね。


ところが・・・・、現実は違いました。

国税庁が平成20年に行った調査によると、日本酒製造量の80%以上に醸造アルコールが添加されています。
醸造アルコールとはなんぞや?といいますと、果実酒なんかを作る時に使うホワイトリカーってやつです。
なんでこんなもんを使うのかと言いますと、本来、日本酒は麹菌、酵母菌などの力を借りて時間をかけて発酵するものですが、醸造アルコールを使えば発酵の時間を短縮したり、発酵をしなくてもすむんです。

そして、ホワイトリカーをご存知の方はわかると思いますが、この醸造アルコールは味や香りがありません。
なので、日本酒の味になるように、うまみ調味料、酸味料などさまざまな添加物を使って味をつける必要があるんです。
これも全ては大量生産、大量消費、材料費や人件費などのコスト削減のためです。

日本酒は、世界中の酒を見ても、複雑で手間のかかる工程を必要とするそうです。
昔は、世界に誇る伝統的な日本の酒、日本酒だったわけですが、最近の日本酒は大量に添加物を使った酒にみせかけたニセモノの酒になってしまいました。

じゃぁ、80%の残りの20%は本物の酒?と喜びたいところなんですが残念なお知らせ・・・。
この20%は、醸造アルコールは使っていないものの、そのほとんどには人工培養された麹菌や酵母を使っていると言います。
昔の酒づくりは、原料となる麹菌、酵母菌などは蔵で自然に繁殖したものが使われてきましたが、現在は人工的に純正培養されたものを使うのが当たり前だそうです。

これは、日本酒講座で見せてもらった市販されている人工培養の米についた麹菌と
1009komekoji.jpg
大豆についた天然の麹菌です。
1009taizukoji.jpg
麹菌はカビの一種。
ニオイを嗅いでみたところ、天然の麹菌の方がカビのツンとするニオイが強く感じました。

確かにみっちがいつも甘酒を作る時に使っている麹菌は人工培養されたものなのでほとんどニオイがしません。
それにパンを作る時に普通のイーストと天然酵母のイーストを使い分けてますが、やはり天然酵母のイーストの方が味も香りも格段においしいです。
普通のイーストはパンを膨らませるためだけの菌を選別して培養しているので、味や香りのための菌はほとんどいません。それにひきかえ、天然酵母菌は膨らませるためだけでなく、味、香り・・といった色々な役割を持った菌が共存して働いてくれるため、味わい深いパンができあがります。
日本酒も人工培養の菌を使うより、自然の菌で作ったものの方がおいしいはずだと思います。


今回、講座を受けて一番びっくりしたのは、世界の酒をみても、日本酒ほど色々な物を添加して使う酒はないと言うこと!
日本酒は日本伝統の酒なので当たり前のように昔からの材料と造り方をされているものだと思っていたのですが・・・全く違っていました。
今回講師をしてくださった杉井酒造さんをはじめ、昔ながらの造り方で真面目に日本酒を作っているのは日本でもわずか数軒しかないそうです。
そういった酒蔵さんにはぜひがんばっていただきたいですし、日本の伝統の日本酒を守るためにも、わたしたち消費者はまず今の日本酒の実態を知り、本物の日本酒を選んで飲むようようにしたいですね。
・・・でも、休肝日は取るように努力します。

ブログを読んでいただいたら、「応援クリック」↓していただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ
ブログを書く励みになります。
ありがとうございました♪
スポンサーサイト

Comment

 

大丈夫。オイラは500あるから(^^ゞ
って、全然ハゲ増しになってない。。。
ちなみにオイラは1ヶ月の禁酒中(-_-)
χανι
  • posted by ザビエル 
  • URL 
  • 2010.09/25 
  • [Edit]
  • [Res]

 

安い日本酒飲んだら頭がガンガン。
経験あります。。。

以前は日本酒晩酌してましたが最近は焼酎に。
単に酒代が高いという理由ですが、日本酒は
好きです。

いい酒は酔いませんからね。
  • posted by ユーアイネットショップ店長うちまる 
  • URL 
  • 2010.09/25 
  • [Edit]
  • [Res]

 

χανιさん
えええぇぇ!χανιさんが禁酒!!?
χανιさんみたいにならないように気を付けよう(笑)

  • posted by みっち 
  • URL 
  • 2010.09/28 
  • [Edit]
  • [Res]

 

うちまるさん
おかげでわたしも信用できるお店の高いお酒しか飲まないことにしてます。
おかげで酒代がますますかさみます・・・(涙)
  • posted by みっち 
  • URL 
  • 2010.09/28 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最近の記事

プロフィール



フードセラピスト
宮澤 美智

日本酵素栄養学協会
酵素栄養学指導師

日本野菜ソムリエ協会
○ジュニア野菜ソムリエ
○ベジフルビューティーセルフアドバイザー

ナチュラルシード
シードマイスター(8期生)

都内在住 江戸っ子 45歳


わたしは「病気のデパート」でした。
赤ちゃんの頃から、慢性便秘、喘息、アトピー、アレルギー体質。

初潮を迎えたものの、生理が半年来ないのは当たり前、
社会人になるとストレス、不規則な生活、食生活の乱れにより、
さらに、自律神経がぶっこわれ、ホルモンバランスがガタガタに崩れ、
子宮内膜症、PMS(月経前症候群)、チョコレートのう胞、多嚢胞性卵巣症候群(ネックレス症候群)など数々の婦人病。

長年、大量の薬を飲んできたこと、特技が暴飲暴食と酒飲みなため、
γ-GTP高数値、逆流性食道炎、慢性扁桃炎、偏頭痛、貧血、低血圧、慢性便秘、重度の冷え性。
長年の趣味のボディボードによる日焼け、重度の乾燥肌による乾皮症などの肌トラブル。
鬱、パニック障害、化学物質過敏症などなど・・・。

あげたらきりがないほどの病気やからだの不調と戦ってきました。


常にカラダのどこかが具合が悪く、解熱鎮痛剤、抗生物質、消炎剤、胃薬など、大量の薬を飲まないと日常生活を送れない生活。

こんな生き地獄のような生活から抜け出したい!健康になりたい!キレイになりたい!楽になりたい!という一心で、大手外資系製薬会社に就職。

製薬会社の社員のメリットを生かし、名医、新薬、新しい治療の情報を入手して、名医や病院を渡り歩き、良いと言われる療法、食べ物、飲み物、サプリメントなど、
自分にできる限りのお金と時間と労力を費やし、片っ端から試してきました。

しかし、努力の甲斐もなく、
どんどん病気が増えるばかり・・・。

こんなに努力をしているのになぜ??
体質だとあきらめなければいけないの??
と絶望しながら、もがき苦しんでいました。


西洋医学に疑問を持ち始め、
本格的に、食と栄養学の勉強を始めた頃、
美容家の水野もも先生に出会い、”酵素”のことを知りました。

酵素と食を意識しただけで、
わずか、1週間で、みるみるうちに心とからだが変わるのを実感。

自分の心とからだが、どんどん軽く、楽になってくるのがうれしくてうれしくて、
酵素と食で、36歳で体質改善に成功。

わずか3ヶ月で、食事制限なし、運動制限なし、苦労なしで、
体重-4gk、体脂肪-6%。

高かったコレステロールと中性脂肪減少し、
長年患っていた病気や不調がみるみる改善。
長年の病院通いと薬漬け生活にオサラバしました。


趣味の波乗りによる日焼けで、「ヤマンバメイク」とまで言われた真っ黒でボロボロだった肌も、すっかりキレイになり(※注:これでも)、最近は、「肌がキレイになったけど、どこのエステ行ってるの?」、「波乗りはやめちゃったの?」と言われるまでになりました。

さぞかし、色々とお手入れしてるんでしょう?と言われるんですが、ぷち整形はもちろん、エステに通ったこともなく、今や、化粧水、乳液すらも要らない肌を手に入れました。
現在、45歳ですが、イベント以外はスッピンで生活しています。

からだがどんどん軽くなると同時に、心もどんどん軽くなってきました。
物心ついた頃から、将来の夢や希望もなく、自分の人生を呪って生きてきたのですが、大嫌いだった自分を、認められるようになり、少しずつ、自分のことを好きと思えるようになりました。

もっともっと、健康になって、キレイになって、
要らないものをそぎ落とした本当の自分になりたい!
楽しく、楽に生きたい!

今や、趣味とも言える、心とからだの改造と自分のからだで人体実験。

現在、体質改善を始めて10年経ち、45歳ですが、
歳を重ねるごとに、衰えるどころか、
今が、人生で一番心とからだの調子が良いです。
毎日、自分が進化し続けています。


◆ポリシー
ゆるく、楽しく♪

あれもダメ!これもダメ!ちゃんとやらないとダメ!は、心にもからだにも毒になります。
根本的に、ものぐさで、なまけもの。自他共に認める食いしん坊&酒飲みのため、ちゃんとやるのはとても無理。
無理はしない、マイペース、毎日、楽しく続けられる、ゆるゆるなスタンスです。

◆愛息子まる(シーズー)のこと
愛息子まる(シーズー享年14歳)も食で命が救われました。
小さい体に数々の問題を抱え、視力を失い、あまりの苦痛に全身の毛が抜け落ち、立てなくなってしまい、獣医から余命2ヶ月と宣告受けました。
かわいいまるを地獄の底から助けたい一心で、犬のごはんやケアを猛勉強し、まるは、わたしが作るごはんでみるみる回復。
重度のアトピーと苦痛によるストレスで、全て抜け落ちてしまった顔と前進の毛は、まるで赤ちゃんのようなふわふわでキレイな毛に生えかわりました。
ヒビ割れて流血し、ぐじゅぐじゅだった皮膚と肉球は、赤ちゃんのようなぷよぷよのつるつるに。

まるは、死の淵から生還しただけでなく、苦しみから解放されて、元気に生まれ変わり、2ヶ月の余命宣告後、心臓発作で亡くなるまで、寿命を4年延ばし、幸せに暮らすことができました。

まるとの実体験は、薬を極力使わない治療をされ、犬の手作りごはんを推奨されている獣医 須崎先生の本でも紹介されました。



◆趣味
○心とからだの改造、自分のからだで人体実験
デトックス、毒だし、浄化。
自称「デトックスマニア」

○飲み食い
食にお金は惜しみません(笑)
自他ともに認める食いしん坊&酒飲み。

罪悪感がない、太らない、食べるとからだに良い、美しくなれる、
そんなパンとスイーツが食べたくて、
素材にこだわった、トランス脂肪酸、白砂糖、添加物ゼロのナチュラルパンやナチュラルスイーツを作ります。

○ボディボード
歴21年
休日は千葉の南房総に滞在して波乗りしています。
紫外線による皮膚老化は重々承知ですが、海のデトックス力(浄化力)は絶大なので、自分の心とからだに波乗りは必要!と割り切って楽しんでます。

○スピリチュアル好き
心とからだのデトックスをやっていたら、スピリチュアルデビューしました。
ブログはこちら

本/雑誌

登場させていただきました
「美ST」

「LDK」


犬の手づくりご飯


薬を極力使わずに治療をされていて、犬の手づくりご飯を推奨されている獣医の須崎先生の本です。
わたしが作るご飯で、余命宣告から復活した愛息子まる(シーズー享年14歳)の実体験とご飯レシピが掲載されました。
記事はこちら

酵素ドリンク

酵素ドリンク・酵素化粧品の
Vel & Natural E/O

記事はこちら

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

出演、執筆等のお問い合わせ・ご相談は、こちらのフォーム↑からご連絡ください。
個人的な内容には、お答えしていません。
お問い合わせやコメントをいただいても、お返事できませんのでご了承ください。