FC2ブログ

心とからだを美しくする方法

心とからだ、人生は、食べ物から作られます。 食事、栄養、見えないエネルギーの世界から、心とからだを美しくするお手伝いをしています。

Entries

桃と夏野菜とビオワイン

今週末は波乗りのため南房総へ。
真夏特有のすん~~ごい日差しでぐったり・・・。
そんな中で波乗りすれば当然マックロ。
またもや日本一美肌ボディボーダーの道遠のくぅ~・・涙

日焼けにはスイカスイカ~。
1207suika.jpg
スイカの赤はリコピンというファイトケミカル。
日焼けによって体中に発生してしまった活性酸素を消去してくれるし、汗をかいてドロドロになってしまった血もサラサラにしてくれるのだ。この時期せっせと食べたい。

こちらは長野のスイカの匠が作ったというスイカ。
小玉スイカばかり買っていたので大きいスイカを買ったのはほんとうにひさしぶり。
大きいスイカは冷蔵庫にも入らないし大人数じゃないとなかなか手がでないもんな~。
スイカのスバラシサはこちら


さて、アップが遅くなってしまったが、友人のお店のワイン会に行ってきた。
今回のテーマは「桃と夏野菜とビオワインのマリアージュ」。
1207winekai.jpg
ツマミは義理父の作った桃、そして友人のご両親が丹精込めて作った元気な野菜たち。
1207winekai2.jpg
おかげさまで二日酔い、悪い酔いまったくなし&ひさびさに夜遅くまで飲んだくれて寝不足になってしまったのに次の日は元気。
酵素たっぷりで元気になれるワイン会だった♪

ワインは大好きだけどやはり気になる酸化防止剤。
ワインを飲むと頭痛がしたり悪酔いをする、という人が多いが、実はこれは酸化防止剤が原因で起こることが多いようだ。
みっちも他の酒に比べるとワインは酔い方が違うし次の日の具合の悪さはダントツトップ。思えばひどい二日酔いの時はいつもワインだった。
最初は自分の体質がワインと合わないせいだと思っていたのだが、酸化防止剤のことを知ってから、酸化防止剤無添加や量が少ないものを選ぶようになったら悪酔いしなくなった。

酸化防止剤は、亜硫酸塩(二酸化硫黄)、亜硝酸塩、ソルビン酸などのこと。
その名の通り酸化を防ぎ、殺菌、酵母の働きを抑制するなどワインの品質保持のために欠かせないため、ほとんどのワインに使われている。
食品添加物として認められているし、ワインを常飲する諸外国では長い歴史人の口に入ってきたものなので安全と言われているが、発ガン、アレルギーなどの健康被害も指摘されている。
みっち同様、ワインを飲んで具合が悪くなる人が多いのはやはり体には決してよくないものだという証拠だろう。

じゃぁ、酸化防止剤無添加のワインを飲めばいいじゃないか、ということになり、近年、国産メーカーでも酸化防止剤無添加のワインを出しているようだ。
しかし、酸化防止剤を使わないかわりに、他の化学合成添加物を使用したり火入れをしたりしてもはやワインとは呼べないものも多いと聞くので注意したい。

読んでいただいたら応援クリック↓お願いします
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

スーパーのお酒売り場に行っても安いワインから
高級ワインまでずらり。

そうですね。
無添加とは書いてますが、安いものには何か理由が。。
  • posted by ユーアイネットショップ店長ウチマル 
  • URL 
  • 2012.08/06 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

うちまるさん
ほんとうですね。
やっぱり安いものには理由がありますね!
  • posted by みっち 
  • URL 
  • 2012.08/06 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最近の記事

プロフィール



フードセラピスト
宮澤 美智

酵素栄養学指導士

日本野菜ソムリエ協会
○ジュニア野菜ソムリエ
○ベジフルビューティーセルフアドバイザー

ナチュラルシード
シードマイスター(8期生)

都内在住 江戸っ子 アラフィフ


体質改善をする前のわたしは
「病気のデパート」でした。

生まれつき腸が弱く、母乳ではなく、粉ミルクで育ったため、
喘息、アトピー、アレルギー、便秘体質。

半年以上、生理が来ないのは当たり前、
社会人になると、ストレス、不規則な生活、食生活の乱れで、
自律神経失調症、ホルモンバランスがガタガタに崩れ、
生理不順、子宮内膜症、月経困難症、子宮筋腫、PMS(月経前症候群)、チョコレートのう胞、多嚢胞性卵巣症候群(ネックレス症候群)などの婦人病に。

特技が、暴飲暴食&酒飲みのため、
逆流性食道炎、胃腸炎、慢性扁桃炎、片頭痛、貧血、低血圧、慢性便秘、肝機能障害、腎機能障害、結石、医者にビックリされるほどの重度の冷え性、痔。

ボディボード歴26年による、日焼け、重度の乾燥肌、乾皮症、ふきでものなどの肌トラブル。

鬱、パニック障害、化学物質過敏症など。


物心ついた頃から、
たくさんの病気や不調と戦ってきました。


常に、どこかが具合が悪く、
解熱剤、消炎鎮痛剤、抗生物質、胃薬、サプリメントを飲まないと、
人並みの生活が送れない。

社会人時代は、会社の行き帰りや昼休みに、病院で点滴をしながら、働いてました。


早く、楽になりたい。
この生き地獄から抜け出したい。
健康になりたい。
の一心で、某大手外資系製薬会社に入社し、

名医、新薬、新しい治療の情報を入手し、
病院を渡り歩き、良いと言われる薬、治療、食べ物、栄養補助食品、サプリメントなど、
自分でできる限りのお金、時間、労力を費やしました。


しかし、努力の甲斐もなく、
病気と不調は、治るどころか、どんどん増えるばかり・・・。


こんなに努力をしているのに、なぜ?
体質だとあきらめなければいけないの?
と、絶望しながら、もがき苦しみました。


ようやく、妄信していた西洋医学に疑問を持ち、
本格的に、食と栄養学の勉強を始め、実践したところ、
わずか、2週間で、
心とからだが、軽くなるのを実感。

2年後には、
長年患っていた数々の不調や病期をほぼ克服し、体質改善に成功。

長年の病院通い&薬漬け人生に、サヨナラしました。


わずか3ヶ月で、
食事制限なし、運動制限なし、苦労なしで、
体重-4kg、体脂肪-6%の適正体型に。

長年の波乗りによる日焼けで「ヤマンバメイク」とまで言われた真っ黒でボロボロだった肌も、
最近は、「肌がキレイになったけど、どこのエステ行ってるの?」、「波乗りはやめちゃったの?」と言われるまでに。

「さぞかし、色々とお手入れしてるんでしょう?」と言われるものの、
エステに通ったこともなく、化粧水、乳液すらも要らない肌を手に入れました。

現在、アラフィフですが、
ガチのスッピンで、生活してます。


物心ついた頃から、自分の心とからだに絶望していたので、
将来の夢と希望なんてものはなく、自分の人生を呪って生きてきたのですが、
大嫌いだった自分を、少しずつ受け入れ、好きと思えるようになりました。


現在、アラフィフですが、
年齢を重ねるごとに、衰えるどころか、
今が、人生で、一番、心とからだの調子が良い!
と言い切れます。


食事、生き方を変えることで、
心とからだ、人生が、真逆の別人のように生まれ変わった体験と知識は、

わたしの人生の宝です。



◆愛息子まる(シーズー)のこと

愛息子まる(シーズー享年14歳)も、食で命が救われました。
重度のアトピー、重度の緑内障による激痛、視力を失った恐怖など、あまりの苦痛で、顔と全身の毛が抜け落ち、死臭がし、とうとう、立てなくなり、獣医から余命1ヶ月半と宣告を受けました。
まるを地獄の底から助けたい一心で、犬のごはんやケア方法を猛勉強して、実践したところ、みるみる回復。

全て抜け落ちてしまった顔と全身の毛は、まるで赤ちゃんのようなふわふわでやわらかいキレイな毛に生え代わり、
組織が崩壊して、流血し、ぐじゅぐじゅだった皮膚と肉球は、赤ちゃんのようなぷよぷよのつるつるに。

まるは、死の淵から生還しただけでなく、痛みと苦しみから解放されて、元気に生まれ変わり、
心臓発作で亡くなるまで、寿命を4年延ばし、幸せに暮らすことができました。

まるの闘病体験は、薬を使わない治療をポリシーに、「犬の手作りごはん」を推奨されている獣医 須崎恭彦先生の本でも紹介されました。



◆趣味

○心とからだの改造
自称「デトックスマニア」

○飲み食い
自他ともに認める食いしん坊&酒飲み(←現在は卒業)
おいしいものを食べるためには、お金は惜しみません(笑)

心とからだにやさしい、罪悪感がない、太らない、おいしい、
パンとスイーツが食べたくて、
素材にこだわった、トランス脂肪酸、白砂糖、食品添加物ゼロのナチュラルパンとスイーツを研究してます。

○ボディボード歴26年

○スピリチュアル好き
ブログはこちら

アロエベラ・栄養補助食品 お問合せ

食と心とからだ、酵素栄養学、自然療法、代替療法、エネルギー療法を探求してきたわたしが、 愛用しているアロエベラのジュース、栄養補助食品、サプリメントを販売しています。

→詳細はこちら

出演・執筆等 お問合せ

→お問合わせはこちら

※個人的な内容には、お答えしていません。
お問い合わせやコメントをいただいても、お返事できませんのでご了承ください。

酵素ドリンク

酵素ドリンク・酵素化粧品の
Vel & Natural E/O

記事はこちら

本/雑誌

登場させていただきました
「美ST」

「LDK」


犬の手づくりご飯


薬を極力使わずに治療をされていて、犬の手づくりご飯を推奨されている獣医の須崎先生の本です。
わたしが作るご飯で、余命宣告から復活した愛息子まる(シーズー享年14歳)の実体験とご飯レシピが掲載されました。
記事はこちら

右サイドメニュー

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QR